【新型コロナウイルス】結婚式はいつまで延期する?延期を決めたらやるべき4つのこと

新型コロナウイルスの影響で、外出自粛や社会的距離の確保が呼びかけられるなか、落ち着かない毎日を過ごしているプレ花嫁も多いでしょう。
結婚式を仕方なく延期する場合、いつまでに延期の旨を結婚式場に伝えればよいのでしょうか。

「予定通り結婚式を挙げられるの?」「結婚式場にゲストを呼んでも良いの?」など、新型コロナウイルスが収束するまで悩みは尽きないものです。
そこで今回は、結婚式を延期するかもしれないプレ花嫁に向けて、延期を決めたときにやるべき4つのことを紹介します。
 

 

【コロナ禍での結婚式】決行する?延期する?中止する?

コロナ禍での結婚式を予定通り決行すべきなのか、延期もしくは中止すべきなのかは、何を基準に判断すればよいのでしょうか。

結婚式場との契約をすでに結んでいるカップルは、以下の2点を押さえたうえで、延期すべきかを慎重に判断しましょう。

結婚式場に延期やキャンセル時の対応を相談する

結婚式の延期やキャンセルを検討している方は担当のプランナーに相談し、新型コロナウイルスへの特別措置がないかを確認してみましょう。結婚式場によっては、キャンセル料なしで延期できる場合もあります。

結婚式の予定日がまだ先の方も、まずは一度キャンセル時の対応を相談することをおすすめします。

お互い納得する結論に至るよう、ふたりでしっかりと話し合う

結婚式は人生の一大イベントで、一生の思い出として残るものです。
後悔のないようお互いが納得できるまで話し合い、ふたりで協力して対処法を探してみましょう。

また、新型コロナウイルスの最新情報をチェックしつつ、今後どうなっていくのか、状況を冷静に見極めていく必要があります。両親や親族にも相談しながら、現段階で何を優先すべきか、ふたりの考えをまとめていきましょう。

 

結婚式を延期する場合、いつ頃を検討している?

結婚式の延期を決めたら、いつ頃に挙げるかを新たに検討していきましょう。
現段階では、今年の秋冬もしくは来年への延期を検討しているカップルが多いようです。

ただし、気候が比較的おだやかな春・秋は、結婚式のハイシーズンにあたります。すでに予定が埋まっている可能性もあるため、今年の秋や来年の春に延期を検討している方はなるべく早めに結婚式場に相談しておきましょう。

たとえ新たな日取りを決めたとしても、新型コロナウイルスがいつ収束するのか、先のことは誰にもわかりません。新たに決めた日取りが近づいてきたときに今と状況が変わっていなければ、再延期もしくは中止の決断をすることになります。

どちらにするかは判断が難しいところではありますが、ネガティブな気持ちのままでいるのはもったいないことです。ウェディングアイテムを手作りしたり、オンラインでプランナーと打ち合わせをしたりするなど、できることから準備を進めていきましょう。

 

結婚式を延期したら、キャンセル料はかかる?

通常、自己都合で結婚式を延期した場合には、キャンセル料が発生します。
しかし、世界中が緊急事態に陥っている昨今の状況を受けて、ある程度柔軟に対応してくれる結婚式場もあるようです。

具体的には、以下のような対応が挙げられます。

・キャンセル料として発生するのは、制作中または納品済みアイテムの実費のみ
・キャンセル料を、延期した結婚式の内金扱いとする

これらは、結婚式の延期や中止を検討しているカップルにとっては、非常にありがたい対応でしょう。

ただし、すべての結婚式場が上記のような対応をしているわけではありません。延期を決めた方のなかには、「通常通りのキャンセル料を請求された」という声もあります。

キャンセル料がかからず結婚式を延期できたとしても、「○ヵ月以内の日付のみ新たな日取りとして設定可能」といった条件が付いていることもあります。
担当のプランナーに確認するときには、口頭で適用条件を教えてもらうだけではなく、メールや書面に明記してもらうと安心です。

 

結婚式の延期を決めたらすぐにやるべき4つのこと

結婚式の延期を決めたあとも、やるべきことがたくさんあります。
延期する際には以下の4点を実行しましょう。

結婚式場に連絡し、今後の対応を再確認する

一番に優先したいことは、結婚式場に連絡して今後の進め方などの詳細を再確認することです。具体的には、以下の内容をチェックしていきます。

・延期にかかる費用の総額はいくらか
・延期後の日程をいつまでに決めるべきか
・延期希望時期に結婚式場が空いているのか
・担当プランナーの変更はないか
・ゲスト数の増減に対応してもらえるか
・料理・装花などは延期後もそのまま頼めるのか
・レンタルしたウェディングドレスは延期した日程でも着られるか

上記のなかでも、費用に関わる内容は特にしっかりと確認しておきましょう。

できるだけはやくゲストに連絡する

結婚式場への連絡が済んだら、ゲストにも結婚式を延期する旨を伝えます。新たな日取りが決まっていない場合でも、なるべく早めに連絡するようにしましょう。

また、連絡の方法は電話やメール、LINEなど、伝えやすい方法でかまいません。
ゲスト側も、結婚式が予定通りにおこなわれるのかが気になっているはずです。新たな日取りが決まり次第、日程の報告と出欠確認の連絡を入れましょう。

持ち込み予定だったアイテムの業者に連絡する

持ち込み予定のアイテムを発注している場合は、別途依頼先業者への連絡が必要です。
可能であれば、商品を届ける日程を変更してもらいましょう。

持ち込みできるアイテムには、おもに以下のようなものがあります。

・ウェルカムアイテム(ウェルカムボードなど)
・ペーパーアイテム(招待状、席次表など)
・引菓子・引出物
・プチギフト

すべてのアイテムをいったんリストに書き出し、連絡漏れがないようにしておきましょう。

ブライダル保険に入っている場合、対象になるか確認する

結婚式場との契約を済ませていても、心身の不調や災害など何らかのアクシデントで結婚式をキャンセルせざるをえないこともあります。そのため、キャンセル料が発生するリスクに備えて、ブライダル保険に入っている方もいるのではないでしょうか。

すでにブライダル保険に加入している方は、新型コロナウイルスの影響による延期がブライダル保険の対象になるのか、念のため確認しておくと安心です。

 

これからの結婚式のスタイルはどう変わる?

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、人々の生活スタイルや意識は大きく変化しました。「ソーシャルディスタンス」「ステイホーム」といった言葉が一般化するなかで、結婚式のスタイルは、今後どのように変化していくのでしょうか。

結婚式場の対応が大きく変わる

結婚式に関わるすべての方を感染リスクから守るため、結婚式場の対応も大きく変わりつつあります。

ブライダルコーディネーターの養成などをおこなう公益社団法人日本ブライダル文化振興協会は、2020年5月に「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」を発表しました。
ガイドラインでは、以下のような感染対策が推奨されています。

・人と人との間隔はできるだけ2メートルを目安に(最低1メートル)確保する
・ゲストには、常にマスクを着用してもらう
・提供する料理は個人盛りとし、大皿盛りは避ける
・大声を発する余興などについては、控えてもらう
・施設内の換気・消毒を徹底する
・集合写真を撮影する場合は直前までマスクを着用し、会話を控えてもらう

換気や消毒を徹底的におこなうことはもちろんですが、人と人との間隔を確保するのはなかなか大変です。ゲストテーブルの席数を少なくしたり、ゲスト同士が向かい合わないようなレイアウトにしたりするなど、感染を防ぐための工夫が必要となります。

オンライン結婚式が主流に!?

ゲストへの感染リスクがない結婚式として、今後オンライン結婚式が主流となる可能性があります。オンライン結婚式では、Zoomなどの配信ツールを使って結婚式の様子を配信したり、ゲストとオンライン上で歓談したりすることが可能です。

現在は結婚式だけでなく、両家顔合わせやプランナーとの打ち合わせもオンライン化が進んでいます。

結婚式ならではの雰囲気を味わいたいなら、オンライン結婚式のプロデュース会社などに依頼するのもおすすめです。

なお、オンライン結婚式の概要やおすすめのサービスは、以下の記事で詳しくまとめています。各サービスの特徴やプランなども紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

[話題のオンライン結婚式とは?概要とおすすめサービス5選の費用・特徴]

 

まとめ

現在はコロナ禍の最中にあり、結婚式を予定していたカップルにとっては試練が多い状況といえます。結婚式を予定通り決行するのか、延期するのか、難しい判断を迫られる場面もあるでしょう。ふたりで納得できるまで話し合い、最善の方法を模索していきましょう。

どの選択をするにしても、今やらなければならないことを確実にこなしていくことが大切です。
結婚式を延期する場合は、結婚式場や持ち込みアイテムを発注した業者に連絡を入れる必要があります。出席予定のゲストに対しても、早急に延期の連絡を入れましょう。

結婚式を予定通り実施するのが難しければ、オンライン結婚式など新たなスタイルを選択するのも1つの方法です。
コロナ禍にあっても諦めず、自分たちにもできる対策から始めていきましょう。

この記事をシェアする