挙式のみの結婚式 当日の流れや費用はどのくらい?

盛大な披露宴はやらずに、家族や親しい人だけを招待した挙式のみの結婚式をしたいカップルが増えています。

挙式のみの結婚式を挙げようと考えている方に向けて、当日の流れや費用についてご紹介します。

\挙式のみや挙式+会食まで。多彩な少人数プラン!/


スマ婚 少人数結婚式
 

「挙式のみの結婚式」と「挙式+披露宴の結婚式」の違い

まず、挙式のみの結婚式と、挙式と披露宴を行う結婚式の費用などの違いについて見てみましょう。

  挙式のみ 挙式+披露宴
費用

全国平均
36万2,000円

全国平均
362万3,000円

招待人数 2~20人程度
(家族と親族、親しい友人)

60人程度
(家族と親族、友人、仕事関係)

所要時間 15分~30分 挙式 15分~30分
披露宴 90分~120分

出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査 2020調べ

挙式だけなら大幅に費用が抑えられる

上記の調査によると挙式のみの結婚式の費用平均は約37万円。
披露宴も行った場合は約355万円。
その差なんと約320万円!

披露宴を行わないことで、結婚式費用をおよそ10分の1程度に抑えられることがわかります。
スマ婚の挙式のみのプランなら、87,500円~結婚式が叶います。

ゲストは家族・親族のみの少人数

挙式のみの結婚式の招待ゲストは10人~20人の少人数。
仕事関係の人は招かず、家族や親族、数人の友人だけで行うケースがほとんどです。

スマ婚では、おふたりだけやご家族のみでの挙式プランもございます。
結婚式の費用を抑えて挙式のみの思い出を残していただけます。
≫スマ婚少人数挙式

挙式だけの招待ゲストの例

・新郎新婦だけ
・新郎新婦+両親
・新郎新婦+両親+兄弟姉妹
・新郎新婦+両親+兄弟姉妹+親戚
・新郎新婦+両親+兄弟姉妹+親戚+親しい友人

 

 

ご祝儀や引出物は必要?

ご祝儀は辞退する

挙式のみの結婚式の場合は、ご祝儀は辞退するのが一般的です。
前もって招待状に「ご祝儀はご遠慮させていただきます」と明記しておきましょう。
ですが、「自分たちの結婚式の時ご祝儀を貰ったから」「ご祝儀を渡すのがマナーだから」といった考えから、ご祝儀をくださるゲストはいるでしょう。
その場合はありがたく受け取り、後日内祝いを贈りましょう。内祝いはいただいた金額の半額程度が相場です。

引出物の代わりに引菓子を用意する

ご祝儀がないなら、引出物も不要と考える方が多いと思いますが、せっかく結婚式のために足を運んでくれたゲストを手ぶらで帰らせるのは心苦しいもの。引菓子(1,000~2,000円程度)と、お見送りで渡すプチギフトを用意するといいでしょう。

 

選べる挙式のスタイル

挙式だけの場合も、披露宴がある結婚式同様、チャペル式、人前式、神前式などの選択が可能です。

それぞれの特徴を見てみましょう。

チャペル式

選べる挙式のスタイル チャペル式

チャペル式では、二人はウェディングドレスとタキシードに身を包み、神に向かって結婚を誓います。教会ならではの荘厳な雰囲気の中、新郎に向かって一歩一歩踏み占めるバージンロードが、新婦の気分を最高潮に盛り上げてくれます。

チャペル式のプログラム例

01.挙式前
母親が娘に施す最後の身支度である「ベールダウン」を行います

02.新郎新婦入場
新郎が先に入場し、新婦は父親または親族と入場して新郎の元へ向かいます

03.賛美歌斉唱
ゲスト全員が起立して賛美歌を歌います

04.聖書朗読
牧師が聖書の一部を読み上げ、神に祈りを捧げます

05.誓約
新郎新婦が結婚を誓います

06.指輪の交換
結婚を誓った証として、新郎新婦がお互いに指輪を交換します

07.結婚宣言
新郎新婦が手を重ね、牧師がその上から手を置いて祈祷をします

08.結婚証明書にサイン
新郎新婦と牧師、あるいは証人が結婚証明書にサインを行います

09.結婚成立の報告
二人の結婚が成立したことを牧師がゲストに報告します

10.新郎新婦退場
新郎新婦が腕を組んで退場し、ゲストが拍手とともに見送ります

11.挙式後
祝福と魔除けを意味するフラワーシャワーやライスシャワーが二人を迎えます

 

人前式

選べる挙式のスタイル 人前式

人前式では、神ではなくゲスト全員に対して結婚を誓います。会場や衣装に制限はなく、演出や進行方法も自由度が高いのが魅力です。二人のオリジナリティが出せる一方で、カジュアルになりやすいという特徴があります。

神前式

選べる挙式のスタイル 神前式

神前式は、祖先の神々に対して結婚を報告する日本古来の結婚式です。新婦は白無垢や色打掛、新郎は紋付袴を身に纏い、花嫁行列や三三九度といった儀式を行います。神前式は神社のほか、ホテルや結婚式場に備えられた神殿で行います。

 

費用とオプション

挙式のみの結婚式を行う場合、かかる費用は10~50万円と幅があります。挙式のみを行うか、会食などのオプションを付けるかで大きく異なるため、予算に合わせて検討しましょう。

挙式のみ

いわゆる結婚式のセレモニーのみを行い、そのほかのオプションはつけないというスタイル。費用相場は10~30万円ほどで、式場によってはさらに安く済むケースもあるようです。

スマ婚の少人数挙式基本プランなら、87,500円~で挙式のみのプランもございます。

挙式+カメラマン

挙式当日、式の様子をカメラマンに撮影してもらうスタイルです。費用相場は3~5万円程度。ただし式場が提携するカメラマンに依頼するか、外部のカメラマンに依頼するかでも料金が異なるため事前の確認が必要です。

スマ婚少人数挙式なら、挙式プラン+プロカメラマン撮影が143,500円~実現できます。

挙式+食事会

挙式の後、食事会を行うスタイル。費用相場は会場や人数によって大きくことなりますが、目安として20名で100万円ほどです。

スマ婚少人数挙式の場合、挙式プラン+6名様分の会食が210,500円~とリーズナブルに叶います。

 

まとめ

挙式のみの結婚式を検討している方に向けて、費用相場や挙式スタイル、オプションなどについてご紹介しました。

挙式のみの結婚式は費用も事前準備も少なく済むなどメリットが多く、近年増加傾向にある挙式スタイルです。結婚式はあくまで親族へのお披露目とし、友人とは後日結婚披露パーティーを開くという方法も人気があります。

結婚式は、二人にとって何にも代えがたい特別なイベント。
おふたりらしく過ごせるよう、しっかり話し合って決めていきたいですね。

スマ婚 少人数結婚式
この記事をシェアする