ゲストは0人!ふたりだけの結婚式のメリットとデメリット

例えば再婚同士だと、改めて結婚式をするのは抵抗があるという人も多いでしょう。
また、結婚式を大々的にすることに抵抗があるカップルも多いようです。

しかし、ふたりの新たな門出として結婚式はしておきたいという人には、ふたりだけの結婚式も人気です。
ふたりだけの結婚式のメリットとデメリットをご紹介します。

関連記事:ふたりだけの結婚式とは?スタイル別の費用感やメリット・デメリット

\ふたりだけで贅沢な結婚式を!挙式+前撮りし放題!/


スマ婚 マイクロウェディング
 

ふたりだけの結婚式はいいことがたくさん

ふたりだけの結婚式にはメリットもたくさんあります。
まずは、費用や手間がかからないことが挙げられます。親戚や友人を招待する披露宴をする必要がなく、挙式だけで済むため、一般的な結婚式に比べると費用は格段に安く済みます。

また、招待状を作成したり引き出物を用意したりといった、披露宴の準備が一切必要ないのも魅力です。
忙しいカップルでも挙式に集中することができそうですね。

また、いろいろな理由であまり結婚式を大々的にしたくないという人でも、ふたりだけの結婚式ならかなり敷居が低くなりますね。

 

デメリットもしっかり把握しておこう

一方ふたりだけの結婚式にはどんなデメリットがあるのでしょうか。

一番は、当然ですがゲストがいないことです。
結婚式はお世話になっている人に感謝の気持ちを伝える場でもあるのですが、結婚式にゲストがいないため、周囲の人に感謝を伝えらえないことはデメリットと言えるでしょう。

また、ふたりだけなのでついプランニングが大雑把になりがちになるのも難点です。
「とりあえず結婚式ができればいい」とできるだけ費用を抑えたり、当日のプランをしっかり立てなかったりというのはNGです。
後々の大切な思い出にするためにも、ゲストがいなくても計画や準備に手を抜いてはいけません。

 

両親や家族と相談することは大切

ふたりだけで結婚式をすることに対して、両親や親戚がいい顔をしないということもあります。
「まるで自分たちが結婚に反対しているみたいに見える」と感じる人も中にはいますので、ふたりだけの結婚式を挙げる時には前もって家族に相談しておくことをおすすめします。

ふたりだけの結婚式は、再婚や晩婚の方にも人気です。
メリットはたくさんありますが、デメリットも押さえておきましょう。家族や親戚の意見も参考にすると、角が立ちにくいかもしれません。

スマ婚 マイクロウェディング
この記事をシェアする