「結婚式に呼びたい友達がいない!」と悩むあなたに対処法4選

結婚式のゲスト選びで一番迷うのが「友人」かもしれません。

「友人はいるけど、誰を呼んでいいかわからない!」
もしくは
「結婚式に呼びたい友人がいない!」
と悩む方は多いのではないでしょうか。

そんな悩める新郎新婦さまに向けて、4つの対処法をご紹介します。

 

結婚式の友人ゲスト平均人数

まずは日本の結婚式の平均を見ていきましょう。

ゼクシィ結婚トレンド調査 2020によると、披露宴のゲスト平均数は約66.3人。
友人ゲストの平均人数は26.8人。

つまり、新郎新婦さまそれぞれ平均で約13人友人を呼んでいることになります。

けっこう多いですよね。これはあくまで平均です。
平均より少なくたっていいじゃないですか。
自分たちの結婚式は自分たちのものなのですから!

 

そもそもなぜ呼ぶ友人がいないのか

そもそもなぜ呼ぶ友人がいないのか

これを読んでいる多くの方が、友人がまったくいない、というわけではないと思います。
ではなぜ結婚式のゲストに悩むのか、そもそもの原因を考えてみましょう。

友人はいるけど少ない

SNSでつながっている友人はたくさんいるけど、大半が知り合い程度。

本当によく遊ぶのは2~3人。
卒業以来会っていない学生時代の友人や、それほど深い付き合いではない友人は呼ぶのに気が引ける、という方は意外と多いのではないでしょうか。

地元を離れているので、友人を呼びづらい

進学や就職で地元を離れて、転居した地で結婚式をする場合。

地元の友人に何年も会っていないと、高い交通費をかけてわざわざ遠方から来てもらうのは申し訳と思ってしまいますよね。

パートナーの友人の数と差がありすぎる

結婚式の招待人数は両家バランスよくするのが一般的。
自分の友人がいないわけではないけれど、パートナーの友人が多すぎると少なく感じてしまうことがあると思います。

 

結婚式に呼びたい友人がいないときの対処法

結婚式に呼びたい友人がいないときの対処法

結婚式に呼びたい友人が少ないとき、いないときの対処法を紹介します。

1.少なくても呼びたい人だけ呼ぶ

そもそも結婚式呼ばなければいけない友人の人数が決まっているわけではありません。
形式にとらわれすぎて、本当にお祝いしてほしい人に晴れの姿を見せられないなんて悲しいですよね。
疎遠な友人を無理やり呼んで気まずくなるよりは、数が少なくても本当に呼びたい友人を呼んでお祝いしてもらいましょう。

2.結婚式に友人を呼ばずに家族・親族だけで行う

友人は呼ばずに家族だけ、と割り切ってしまうパターン。
これで友人ゲストの悩みが一切なくなります。家族や親族だけの結婚式もアットホームでいいですよ。

式場やブライダル会社にはたいてい少人数ウェディングのプランがあります。

3.友人は二次会だけに呼ぶ

結婚式は家族や親族だけにして、2次会で友人を呼ぶパターン。
パートナーと友人の数に差があったり、浅く広い友人が多い方におすすめです。

二次会は立食なので、新郎新婦のゲスト数に差があっても目立ちません。ゲストにとっても安い会費だけで済みますし結婚式より出欠もゆるいので、あまり深い付き合いではない友人にも声をかけやすいです。

また、今は二次会の幹事代行業も人気です。これなら幹事を友人に頼まなくて済みます。しかもプロなので準備や司会進行もおまかせできて、ハイクオリティです。

4.友人の代役サービスを利用する

どうしても友人の数をそろえないといけない方は、最後の手段、友人の代行サービスを利用するのもいいでしょう。

事前に打ち合わせをするので、バレることはありません。友人代表のスピーチなどもそれっぽく行ってもらうことができます。
パートナーには内緒でこっそり代行を頼む方もいるようです。

 

結婚式に呼びたい友人がいない

いかがでしたか。
結婚式に呼びたい友人が少ない・いない方に向けて、4つの対処法をご紹介しました。
もし「私って友人が少ないんだ…」と落ち込むことがあったら、「友人が少なくても、一生のパートナーを見つけられただけでも幸せ!」と思うようにしましょう。

おふたりにとって素敵な結婚式ができますように。

この記事をシェアする