入籍

結婚生活を大きく左右する!二人の新居は「賃貸」「購入」どっちがお得?

投稿日:2017年6月21日 更新日:

結婚し二人の生活を始める時、新居となる家を賃貸にするか、購入(分譲)するか、どちらにするか悩まれるカップルも多いと思います。
憧れのマイホームを結婚のタイミングで購入したいカップル、これから先どのような変化にも柔軟に対応できる賃貸を考えるカップル、その両方のメリットやデメリットについて考えてみましょう。

新居を購入するメリット・デメリット

結婚のタイミングで新居を購入する場合、最大のメリットは「勢いがある」「若さがある」という点でしょう。
年齢を重ねると、さまざまなことに慎重になり、逆に購入のタイミングを見失うこともあります。
それに何より、新婚生活をマイホームで過ごすなんて、とても素敵なことですよね。
若い分、資金面などでは大変な面もありますが、若いからできることもあるということです。

デメリットとしては、貯金額がどうしても少なくなってしまう点が挙げられるでしょう。
「もう少し頭金があれば」と感じることもあるかもしれません。

賃貸で暮らすメリット・デメリット

賃貸で新生活をスタートさせる最大のメリットは、生活に合わせた住まい選びができるという点にあります。
子供が誕生したり、子供が学校に通うようになると、住まいを見直すことができる賃貸のメリットを感じると思います。

デメリットとしては、将来的にこのままで良いのかと迷いが生まれることもある、という点が挙げられます。

自分たちが決めたことがベスト

賃貸にしろ、分譲にしろ、自分たちが精いっぱい熟慮を重ねた上で出した決断です。
それが、二人にとって一番良い答えと言えるでしょう。

子供が小さいうちは賃貸で、少し落ち着いてからマイホームの購入を検討するというカップルも多いようです。
長い人生ですから、もう少し自分たちの将来設計が見えてからマイホームを検討するというスタイルも、良いかもしれません。
新居を賃貸と分譲のどちらにするのが良いかは一概に言えませんが、二人で思いつく限りのメリット・デメリットを書き出してみて、よく話し合いをしてみてください。

 

結婚式に "無駄なお金" をかけたくない!

結婚式の平均費用は約354.9万円。
でも、格安結婚式のスマ婚なら
平均約207.9万円!

安さの秘密がわかる「スマ婚ガイドブック」をもれなく無料でプレゼント!
おふたりの理想の結婚式を見つける診断チャート付き。

スマ婚

-入籍
-,

Click to Hide Advanced Floating Content

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2020 AllRights Reserved.