広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

結婚式会場 結婚式準備

《徹底比較》「格安婚」するなら結局どれがいいの?リアル利用者が選んだランキングがいよいよ解禁!

投稿日:2017年9月1日 更新日:

The following two tabs change content below.
Risa

Risa

ウェディングプランナー歴10数年。お客様と共に結婚式について相談する時間が大好きです。趣味は、美容・ヨガ・アクセサリー作り・ネットショッピング。特技は断捨離です。

派手婚、地味婚、などと並び、一時は、「格安婚ブーム」が騒がれ、いわゆる”○○婚”が、世の中に溢れかえっていました。

ブームに火がついてから、まだ10年も経たぬうちに、「格安婚」は、既に世の中の結婚式のあり方の一つとして、しっかりと認知されているようです。

それを証明するかのように、先日、”158万人が評価した、オリコン日本顧客満足度ランキング”で「格安ウエディングランキング・比較」が発表されました。

これから、結婚式を考えているあなたのために、先輩カップルのリアルな声とともに、話題の格安婚を一つ一つ紐解いてみましょう。

「格安婚」を知ろう

今回のこのランキングは、格安婚プロデュース会社を利用して、挙式披露宴を行なった522名の回答を元にしています。過去3年以内の利用者のみ、という規定の中で行われたアンケートですから、かなりリアルな生の声ですね。

ちなみに、格安婚って何? 気にはなっているけれど、よく知らない……という方のために、「格安婚(格安ウェディング)」の定義をおさらいしておきましょう。

格安婚とは……?

1.主に自社で会場を運営せず、提携会場でウェディングプロデュースを行う

2.従来よりもリーズナブルな価格で、挙式・披露宴をプロデュースする

3.挙式費用のご祝儀払い(後払い)が可能

4.結婚や、結婚式場の情報を掲載するサイトは対象外

(※オリコン日本顧客満足度ランキング より)

人気の格安婚!メリットとデメリットとは?

格安婚の登場は、結婚式を諦めなければならない新郎新婦が減ったこと、不透明だったブライダル業界の料金が明らかになりつつあることなど、利用者にとっても、業界にとっても、大きな影響を与えました。

先の定義に当てはまるようなプロデュース会社を利用することで、ホテルやゲストハウス、レストランで直接行うのとどんな違いがあるのでしょうか。
格安婚のメリット、そしてあまり語られないデメリットを調べてみました。

メリットとは?

価格が”安い”

格安婚が一気に世の中で市民権を得た大きな要因は、名前の通り、その安さ。

なぜ格安で結婚式を挙げることが可能になったのでしょうか。

具体的な理由の一部をあげてみます。

【格安婚が安い理由】

■ブライダル業界特有の”持ち込み料”を無料化

■中間マージンをカット

■元々高すぎた価格を適正価格に

■少人数プランの充実 など

持ち込み料や結婚式特有の高すぎる価格設定を見直すことで、格安婚が実現できているのです。

見積りがあまり上がらない

ブライダル業界において、結婚式場を決定する際に確認した初期見積もりが、打ち合わせごとに数十万単位で上がっていくことは信じたくない常識。

普通の感覚だと疑問に思う見積り価格のアップも、「一生に一度」という決まり文句によってつい納得させられてしまうのです。

格安婚ではそのようなブライダル特有の見積り価格を見直し、初期見積もりと最終的な金額に大幅な差異がないことも、格安婚が人気の理由です。

支払は”後払いでOK”

また、格安婚が、ご祝儀払い(後払い)を推奨していることも、費用の面で結婚式を懸念しているカップルの大きな味方になっているようです。

従来までは「結婚式」と言えば、300万円~500万円が相場と言われ、その金額を事前に用意できない新郎新婦には、結婚式を挙げるという選択肢すらないというのが実情でした。現在も尚、多くの会場では、結婚式の費用は2週間程前には、全額の数百万円を銀行振込で支払うことが慣例となっています。

カード支払いができないところが圧倒的に多い中、格安婚はそのほとんどが、祝儀で後払いが可能に。

「キャッシュが手元にない」というカップルはもちろん、これまでの預金や積立の計画を崩すことなく祝儀払いで対応できることは、年齢を問わず今後に何かと物入りな新生活を控える新婚カップルにとって、重宝がられるのは当然でしょう。

1日のカップル数に制限なし!

会場の多くが、一日に挙式披露宴ができる組数が限られるのに対し、格安婚の多くは、複数の会場と提携しているため、厳密には組数制限がありません。

そのため、一日にたくさんのカップルの結婚式を行うことができるため、薄利多売の原則通り、1組あたりにかかかる費用も抑えることが実現できているのです。格安婚が、プラン化、パッケージ化されていることが多いのもこういう理由からですね。

【2020年版】結婚式の日取りはこれでばっちり!結婚式日取りマニュアル_2

参列者に”格安婚”であることがバレない

価値観にもよりますが、新郎新婦が伝えない限り、格安婚を利用したことは結婚式に参列するゲストには分からないところも大きな魅力だという人も。

例えば、ゲストの立場に立った時、有名ホテルの名前の入った招待状をもらい、当日、その有名ホテルへ行きます。
その有名ホテルのシェフが作る料理を食べて、引き出物を手に会場を後にするのです。
格安婚プロデュース会社のスタッフをゲストが見ることはありません。

何を重視し、何をお得にすませるのか、その選択肢を新郎新婦が持つことができるのが格安婚全般におけるメリットと言えそうです。

メリット まとめ

  • 持込み料の無料化や中間マージンのカットにより、価格が安い。
  • 明確な料金体系で初期見積りから上がらないなど、費用面の安心感がある。
  • ご祝儀払い(後払い)ができる。
  • 格安婚会社を利用したことは、参列ゲストには分からない。

> 続きを読む 

-結婚式会場, 結婚式準備
-,

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.