広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

結婚の知恵袋 結婚準備

これでバッチリ!結婚式の「乾杯挨拶」基本例文

投稿日:2017年2月15日 更新日:

The following two tabs change content below.
Bridal Writer

Bridal Writer

ブライダル業界のプロの目線で、知りたい情報発信中!

もし、あなたが披露宴での乾杯の音頭を頼まれたら、快諾するのが礼儀です。

どうしてもできない事情があるのなら無理をする必要はありませんが、新郎新婦もあなたなら適任だと思って選んでくれているのです。

ドキドキするのが本音でしょうが、大変名誉なことですから自信を持ちましょう。

その際に、どのような挨拶をすればよいのか、役立つ情報をまとめました。

乾杯挨拶の手引き

挨拶は、これから始まるセレモニーにふさわしいスタートとなるよう、堂々と爽やかに行いましょう。

起立して一礼を

司会者から名前を呼ばれたら、起立して一礼します。マイクまで落ち着いて歩き、列席者全員に杯が行き渡っているかを見渡しましょう。

一呼吸して挨拶を

それから、一呼吸して挨拶を始めます。緊張していると早口になりがちです。

意識して口を大きく開け、少しゆっくりくらいのつもりでスピーチをはじめましょう。

最初は祝福の言葉を

最初に、祝福の言葉を述べます。

この時、新郎新婦、親族の席を順に見ながら話しましょう。

祝福の言葉は、新郎新婦だけではなく、両家のご家族にも伝えましょう。

例「○○君、○○さん、並びにご両家の皆様、本日はご結婚、誠におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。」

> 続きを読む 

-結婚の知恵袋, 結婚準備
-, ,

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.