広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

1.5次会

1.5次会の会場を決める前に知っておくべきポイント

投稿日:2018年12月22日 更新日:

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

結婚式の最新トレンド・お得な情報をお届けしています。
結婚式が最高の思い出になるよう、少しでもお手伝いできたら幸いです♡

近年人気になってきているカジュアルな婚礼スタイル「1.5次会」
―でも、1.5次会ってどこで挙げたらいいんだろう‥どんなことをしたらいんだろう‥

そんなお悩みを抱えている方に向けて、1.5次会の会場を決める前に知っておくべきポイントをご紹介します。

NGDPhotoworks / Pixabay

 1.5次会の会場はいっぱい!ホテルやゲストハウスじゃなくても挙げられる

1.5次会を挙げることができる会場って、実はいっぱいあります。

結婚情報サイトに載っているような「ホテル」「ゲストハウス」「レストラン」はもちろんですが
意外と挙げられる場所はいっぱいあるんです。

 結婚式場のメリット・デメリット

まずは定番の「ホテル」「ゲストハウス」「レストラン」についてご紹介していきます。

日頃から結婚式を本業としている会場なので、1番手間がかからず安心して任せられる会場であることに間違いはありません。この3つの中でも、比較的カジュアルな結婚式場は「レストラン」です。会場の雰囲気によって若干異なりますが、レストラン>ゲストハウス>ホテル といったイメージです。

KRiemer / Pixabay

ホテルは披露宴を挙げる場合でも、格式高いイメージがありますよね!
客室が備わっているので、建物自体が大きいことや、エントランス、フロントが広いことから参加されるゲストもなんとなく背筋が伸びます。カジュアルやアットホームを重視したい場合には不向きかもしれません。
ですが、遠方からのゲストが多く、宿泊先を用意する場合や、お車でお越しの方が多い場合には最適の会場です。

ゲストハウスは、ほかの利用者や新郎新婦とバッティングすることなく、プライベート空間のように利用できることから人気が高い会場です。ホテル・レストランのように結婚式と関係ない一般の利用者がいることもほぼありません。
結婚式であることも加味しつつ「家に遊びに来てもらった感覚」で1.5次会を挙げたい方にはオススメです。

レストランは、会場の大きさもそこまで広くはありませんし、新郎新婦が座るメインテーブルがフラットであることが多いので、ゲストとの距離が近いのが特徴です。
ホテル・ゲストハウスと比べても、外観からアットホームな雰囲気があり、新郎新婦やゲストにとっても緊張感は少ないでしょう。お料理が美味しいことは間違いありませんし「温かいおもてなしの気持ちを届けたい」方にピッタリだと思います。

一方で、ホテルやレストランには、「大階段」「大聖堂」といった「The!結婚式!」という付帯設備がないことが多いです。新郎新婦の入場口が1つしかなかったり、やりたい演出ができない場合があったりします。
実際にここで1.5次会を挙げるなら‥という目線で、会場をじっくり見学してみてください!

StockSnap / Pixabay

結婚式場以外で1.5次会を挙げられる場所

結婚式場以外で1.5次会を挙げられる場所も、実は探してみると結構あるんです。
多くは「二次会」ができるような、居酒屋・ダイニングなど。
グルメ情報サイトに「*名以上貸し切り可能」のような記載がある場所は、1.5次会を挙げることができる場合が多いです。

また、ライブ会場やコンサートホール、雑貨屋さん、庭園などで1.5次会を挙げた方もいらっしゃいます。

結婚式場と違って、プランナーが在籍していない場合がほとんどで
新郎新婦が主体となって準備を進めていかなくてはいけません。

衣装なども自身で持込みをしなくてはいけないので準備はとても大変ですが
その分費用を安く抑えることができたり、「オリジナルの1.5次会」「手作りの1.5次会」になり、思い出深い1日になることでしょう!

知識がないから心配‥という方は、「二次会代行業者」に相談するのも良いかもしれません。
二次会代行業者は、提携している居酒屋・ダイニングもありますし、自社で二次会会場を持っていることもあります。
1.5次会のプロデュースも手掛けている可能性が高いです。

1.5次会専用のプランがあることも‥希望は前もって伝えてみる

会場を見学する前に、いくつか検討しておいた方が良いポイントがあります。
披露宴との違いとして挙げられる点になりますが
・会費制にするのか、ご祝儀制にするのか。
・お料理はコースにするのか、ビュッフェスタイルにするのか。
・どこまでの関係性の方を呼ぶのか。 などですね!

会場によっては「1.5次会専用プラン」がある場合があります。
会場を契約する時点で決めなければいけないことが多いので、
ある程度、何人くらい招待して、どんなスタイルで1.5次会を挙げるのか検討しておくと良いでしょう。

また、「どうしてもやりたいこと」がある場合も、契約をする前に担当者に伝えることをお勧めします。
・会社恒例の上司カラオケ披露がある
・ギターを長年やっていて、バンド演奏をしたい
・1.5次会の中に挙式を取り入れたい
・愛犬に結婚指輪を運んでもらうリングドッグをやりたい
・着たいドレスが決まっていて、持込みができるのか など。

カジュアルな1.5次会だからこそ、やってもいいかな?と思う演出もありますよね。
希望は、契約を結ぶ前にしっかりと伝えておきましょう!

1.5次会でも挙式を行う人もいる

1.5次会というと「お披露目パーティ」のようなイメージが強いと思いますが
パーティの中で行う「宴内人前結婚式」を行うことも多いんです。

1.5次会を選ぶ人に1番多い理由は「海外で結婚式を挙げたから」

海外で挙式を挙げたからといって、国内で挙式をしてはいけないということはありません。
だからと言って、チャペルや大聖堂を使って行う挙式はイメージと違う‥という方に人気なのが「宴内人前結婚式」です。

1.5次会は2時間~2時間半で行う場合が多いのですが
最初の10分間や、退場直前の10分間などを使って、プチ結婚式を行うようなイメージです。

誓いの言葉・結婚指輪の交換・誓いのキス・結婚証明書サインなどを改めてゲストの前で行い
ゲストの皆様にも夫婦となる決意を示していただくスタイルです。

結婚証明書には、受付で皆様にスタンプを押していただく「ウエディングツリー」や
メッセージやサインを書いてもらう「ハートドロップス」を使うと、
1.5次会に参加してくれた方との思い出の品にもなります。

congerdesign / Pixabay

いかがでしたでしょうか?
カジュアルな1.5次会だからこそ、2人の希望を実現できるといいですね!

 

 

-1.5次会

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.