広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

ウェディングマニュアル 結婚準備

結婚式場での強引な営業トーク!上手にかわす3つのコツとは

投稿日:2017年1月13日 更新日:

The following two tabs change content below.
Bridal Writer

Bridal Writer

ブライダル業界のプロの目線で、知りたい情報発信中!

結婚式場選びの際、しつこい営業トークに嫌な思いをしたという方もいるのではないでしょうか。

実際、いくつかの式場と比較してから決めるつもりで見学に行ったら、しつこく当日契約の営業をかけられたというケースもあるようです。それでは一体、どのようにすれば強引な営業トークをかわすことができるのでしょうか。

今回は、結婚式場での営業トークを上手にかわす3つのコツと、式場見学時に注意しておきたい点についてご紹介します。

結婚式場選びの際に一度は出くわす!? 強引な営業トーク

結婚式場の見学に行ったことがある人の多くが体験したともいえる営業トーク。結婚式に限らず、強引な営業をかけられるのは苦手という人もいるのではないでしょうか。しかし、実際の会場や雰囲気をみなければ式場を決めることはできないため、プランナーさんからの営業トークを避けることは基本的に難しいといえます。しかし、なぜ結婚式場での営業トークは強引なケースが散見されるのでしょうか。

なぜ?結婚式場の営業トークが強引な理由

理由のひとつとして、各プランナーさんにかせられているノルマが挙げられます。最終的に契約をしてもらえればいいのですが、その場で契約できなければ他社に流れてしまう可能性が生じます。また、契約に至らなければノルマは減りません。そのため、プランナーさんは強引な営業トークで必死に契約してもらおうとするのです。もちろん、すべての結婚式場で強引な営業トークが繰り広げられているというわけではありません。

もうひとつの理由は、マニュアルに強く営業をかけるようにと定められている企業が存在するからです。なかには、契約してもらうように数時間かけて営業をかけるといったマニュアルも存在するようです。あらかじめこれらのことを認識しておけば、冷静にプランナーさんの話を聞くことができるかもしれません。

注意!勢いで結婚の式場を契約してはダメ

あまりにも営業トークの押しが強いため、勢いで契約してしまう可能性があるかもしれません。しかし、しっかり納得をせずに契約をしてしまうのは大変危険です。なぜなら、結婚式場での契約にはクーリングオフが適用にならないからです。

あくまでもクーリングオフは、電話勧誘や訪問販売などに適用されるもので、自ら式場に出向く契約は該当しないのです。もし契約後にキャンセルをした場合、キャンセル料の負担義務が発生します。必ず、提示された内容をしっかりと確認し、当人が納得した上で契約を行うようにしましょう。

営業トークを上手にかわす3つのコツ!

営業トークを上手にかわすためにはどのようにすればよいのでしょうか。実は、3つのコツを実践することで不快な思いをせずに営業トークをかわすことができるんです。

ブライダルフェアを活用する

初めて結婚式場を見に行くという方は、ブライダルフェアの活用がおすすめです。なぜなら、アンケートの記入があるため、結婚式についてどのくらい具体的に考えているのか事前にプランナーさんに伝えることができるからです。このとき、結婚式を挙げる予定でいることを記載していしまうと強引な営業トークを受けることになりかねません。あくまでも、結婚式がどんなものか見てみたかったので参加したというニュアンスで記載しておきましょう。

まだ検討中であることを始めに伝えておく

営業トークが強引になる傾向のひとつとして、結婚式を挙げる予定はあるけれど決めかねているという状態が挙げられます。こういう風にしたいといった要望がないため、プランナーさんはおすすめしているプランを提示して契約に繋げようと営業に力が入ってしまうのです。そのため、即決する気がないという方はプランナーさんの話を聞く前に、結婚式を挙げるか自体を検討中であると伝えておきましょう。そうすることで、プランナーさんからの強引な営業トークを回避することができます。

もしくは、結婚式の日取りや会場など、絶対にこうしたいという意思があると、比較的に営業トークは強引でなくなるようです。プランナーさんも二人の意思に添って式を挙げた場合の費用や契約内容を提示してくれるかもしれません。あらかじめ、どんな結婚式にしたいか決めてから見学に行くのもおすすめです。

はっきりと断れる人を連れていく

自ら断ることができるようであれば、その場で決める意思がないことをはっきりと伝えましょう。もし、それでも引き下がらない場合は、「予算を大幅に超えているため」、「営業が強引なため辟易した」などその式場で契約しない理由を具体的に提示してみましょう。

営業トークを上手にかわし、納得のいく結婚式プランを

ほとんどの人が初めて迎える結婚式。初めてだからこそわからないことも多く、どうしたらいいのかと悩むこともあるのではないでしょうか。しかし、プランナーさんの強引な営業トークにより、希望していたものとは異なる結婚式になってしまったり、嫌な思いをしてしまうのはとてももったいないです。今回紹介したコツを参考に、式場での営業トークを上手にかわし、ふたりが納得できる気持ちのいい結婚式を迎えてくださいね。

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-,

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.