広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

結婚の知恵袋 結婚準備

結婚指輪もDIYが流行り!手作り結婚指輪の魅力とは?

投稿日:2017年1月14日 更新日:

The following two tabs change content below.
Bridal Writer

Bridal Writer

ブライダル業界のプロの目線で、知りたい情報発信中!

左手の薬指に輝くマリッジリングは今も昔も結婚の象徴です。いつか「好きな人に指輪をプレゼントされて……」と夢見る方も多いのではないでしょうか。

昔は給料の数か月分の指輪を奥様にプレゼントする旦那様も多かったようですが、男女平等の現代では、お互いに手作りの指輪をプレゼントしあうという新たなスタイルが登場しています。

今回は、巷で流行りの手作りマリッジリングの魅力についてご紹介します。

手作りマリッジリングの魅力とは

マリッジリングを手作りする魅力は、世界にひとつしかない自分好みのリングが作れることです。また、手作りすることでより思い入れの強い指輪をはめることができるのも人気上昇中の秘密といえるでしょう。最近は、指輪の価格ではなくオリジナリティを求める人たちが増えています。手作りのマリッジリングはそんな人たちのニーズに応えたサービスといえるのではないでしょうか。

マリッジリングを作れるお店は東京、名古屋、大阪を中心に全国に広がっています。特徴も様々で、お値段据え置きでチャレンジしやすいお店から、こだわり志向の強い高級店と幅広く存在します。さらに、各店のメニューもバラエティ豊かで、金属や石の種類はもちろん、名入れ加工や石のつけ方、飾りの種類まで細かく分類されています。

メニューを組み合わせることにより指輪のイメージを膨らませることができるので、1から考えるのが不安な方も大丈夫です。もちろん、1からこだわりぬいて自分のイメージを具現化したい!という方の希望を叶えられるお店もあります。どちらのタイプでも存分に楽しむことができるようになっているので安心してチャレンジできます。

そもそもマリッジリングの意味って何?

マリッジリングとは結婚指輪のことです。一般的にプロポーズの際に男性が女性に渡す婚約指輪に対し、結婚指輪は夫婦二人でつけます。「永遠に途切れることのないもの」を象徴する丸い指輪をつけることで「二人の永遠の幸せを願う」「常に相手の存在を感じられる」という意味をもたらします。素敵な意味が込められたマリッジリング。お互いのことを思いながら作ったものなら、よりマリッジリングが持つ意味が強くなりロマンチックですよね。

不器用でも安心!プロの職人が手厚くサポート

不器用だからうまく作れるか不安という人もいるかもしれません。しかし心配は無用です。当たり前ですが、お店の人は指輪制作のプロです。アイデア出しの段階から実際に作る工程まで、分かりやすくサポートしてくれます。また、自信がなければプロにお任せすることも可能なので、誰でも安心して手作りのマリッジリングを作ることができるでしょう。

気になるお値段は、1本(1人分)あたり2万円台~10万円前後とさまざまです。一般的にマリッジリングを購入した場合は相場が2本で15~20万円に対し、作った場合の相場は2本で10~15万円なので約5万円ほどお得に作ることができます。もちろんお店によって価格差があります。また材料費による違いも大きく、どの金属や石を選ぶかによっても価格が変わってきます。選ぶ材料についてもお店の方に相談して、予算に見合ったマジックリングを作るとよいでしょう。

思いがたくさん詰まった指輪「手作りマリッジリング」

マリッジリングは、結婚後もずっと相手の分身のように感じながら大切にしていく特別な指輪です。自分でつける指輪に相手の思いがこもっていたら嬉しいですし、相手の指輪に自分の思いを込められるのも素敵なことですよね。二人で作った指輪は一生ものの思い出になることでしょう。指輪の選び方は人それぞれですが、お互いに手作りすることも候補の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

-結婚の知恵袋, 結婚準備
-,

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.