広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

結婚式準備

ホテル・ゲストハウス・専門式場で行う結婚式のメリット・デメリット

投稿日:2017年1月20日 更新日:

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

結婚式の最新トレンド・お得な情報をお届けしています。
結婚式が最高の思い出になるよう、少しでもお手伝いできたら幸いです♡

結婚式と言えば、ホテルウェディングをイメージする人が多いかもしれません。

しかし結婚式ができる式場にはホテル以外にもいろいろな種類があります。

それぞれの特徴を見てみましょう。

ホテルウェディング

ホテルに併設している式場で結婚式や披露宴ができるホテルウェディングは、格式も高くあらゆる年齢層のカップルに人気です。
遠方からのゲストも同じホテルに宿泊することで移動が楽ですし、挙式割引で安く泊まれるプランも充実しています。

アクセスが悪いホテルでは送迎バスが出ることも。
サービスも充実しているホテルが多いため、年配のゲストからも喜ばれるタイプのウェディングと言えます。

一方ホテルウェディングでは演出やコース料理などがある程度決まっている場合が多く、またドレスやブーケの持ち込みには別に手数料がかかるところも珍しくありません。
自分だけのオーダーメイドなウェディングをしたいというよりも、できるだけフォーマルにしたいと考えている人におすすめです。

ゲストハウス

迎賓館などを貸し切って挙式と披露宴をするゲストハウスタイプのウェディングも人気です。
ゲストハウスはエクステリアもインテリアもとても凝った造りになっているところが多く、素敵なロケーションで豪華な挙式ができるのが魅力です。
結婚式にこだわりたい人にはおすすめのスタイルと言えそうです。

その一方で、他に比べて費用が高めというデメリットも。
また、ホテルやレストランウェディングのように、挙式が終わっても気軽に立ち寄れるものではないため、ホテルやレストランのように記念日ごとに訪れるといったことは難しいようです。

専門式場

専門式場は、神殿もチャペルも対応している施設もあればどちらかに特化した施設もあります。
広大な土地に挙式会場と披露宴会場が併設している造りになっているところが多く、大安の週末などは1日に多くのカップルが挙式を挙げることも珍しくありません。

結婚式に特化した施設であるため、専門知識の豊富なスタッフがいることや、ドレスやブーケなどの提携ショップが多いなどのメリットが大きいとされています。
また、格式高い式場も多いため、フォーマルな挙式を考えている人にはおすすめです。

デメリットとすれば、1日に何組も挙式を挙げるためにあまり落ち着かないことがある、他のスタッフやゲストと鉢合わせることがあるといったところのようです。

結婚式場の種類にはいろいろありますが、それぞれに違いがあります。
まずは自分たちがどんなウェディングをしたいのか、何を大切にしたいのかをしっかりと確認するといいでしょう。

-結婚式準備
-, ,

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.