プロポーズ・婚約 顔合わせ・結納

婚約者や相手の両親の呼び方はどうすればいい?

投稿日:2017年5月6日 更新日:

結婚が決まって、婚約中の期間は「恋人」と「夫婦」の中間にいるような感じです。

結婚してしまえば簡単なのですが、婚約中という中途半端な状態では、相手のことを呼ぶのにも困ることがあります。

今回は、婚約者を第三者に紹介する時の呼び方と、義理の両親の呼び方をご紹介いたします。

婚約中の相手や相手の両親の呼び方はどうすればいい?

婚約者を第三者に紹介するときの呼び方

カップル

婚約中に、友人などに婚約者の話をするとき、まだ「夫」や「妻」と呼ぶのは早い気がしますよね。

結論から言うと、婚約前と同様に「彼」「彼女」という呼び方で問題ないでしょう。

結婚が決まっていても、周囲からしたら付き合っている状態とあまり変わりありません。

結婚をしたら「彼」「彼女」と呼ぶことはないと思いますので、今のうちに「彼」「彼女」と呼ぶのを楽しんではいかがでしょうか。

婚約中の相手の両親の呼び方

婚約中の相手や相手の両親の呼び方はどうすればいい?

結婚したら、相手の両親は「お義父さん」「お義母さん」と呼ぶことになりますが、婚約中でも同じように呼んで差し支えありません。

まだ結婚していないのに、「お義父さん」「お義母さん」と呼んだのでは馴れ馴れしいと思うかもしれません。

しかし、呼ばれる両親の立場になってみると、「お義父さん」「お義母さん」と呼ばれないほうが、かえって気になるものです。

「私たちのことをよく思っていないのでは?」
「もしかすると、結婚に乗り気ではないのかも……」

などと、余計なことを勘繰られることにもなりかねません。

多少気恥ずかしくても、勇気を出して「お義父さん」「お義母さん」と呼んでみましょう。

慣れると自然に呼べるようになります。

また、第三者に義理の両親のことを話すときは、自分の両親と区別するためにも「義理のお父さん」「義理のお母さん」と呼ぶとわかりやすいですね。

結婚式に "無駄なお金" をかけたくない!

結婚式の平均費用は約360万円。
でも、格安結婚式のスマ婚なら
平均約200万円!

安さの秘密がわかる「スマ婚カタログ」をもれなく無料でプレゼント!
内訳がわかる【お見積りガイド】付き。

スマ婚パンフレット

-プロポーズ・婚約, 顔合わせ・結納
-

Click to Hide Advanced Floating Content

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.