広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

夫婦生活 恋愛・夫婦生活

男性が抱きがちな、妻に迷惑をかけたくない、というくだらないプライド

投稿日:2017年12月14日 更新日:

突然ですが男性読者の皆さんに質問です。

結婚を決めてから一度でも、「この家族は俺が守っていかなきゃ」って思ったことありますか? 自分が一生懸命稼いで、できるだけ家族に負担をかけさせないようにしたい。おそらく結婚を決めたときに、一家の主としてそう心に決めた人が多いのではないかと思います。

でも、その考え方、もしかしたら奥さんが聞いたら悲しむかもしれません。

妻に頼ってはいけない、は奥さんに対して失礼な態度

私は、結婚3ヶ月目にしてこのあまりにも愚かな考え方に気づきました。別に妻から直接「あなたが家族の幸せを全てを担っているのよ!」と言われた訳でもないのに、私は気づかぬうちに「俺がなんとかしなきゃ家族が不幸になる」と思い込み、自分を苦しめていたのです。この夫婦共働きが当たり前の時代に、一体いつのまに「男が稼いでなんぼ」の古い価値観に縛られてしまっていたのでしょうか。

今は「二人で稼いでなんぼ」の時代です。片方が専業主婦(主夫)であろうと夫婦共働きであろうと、稼がなきゃいけないのは、日本人全員の共通のテーマなのです。なのに、私は「妻に頼ってはいけない。自分がしっかりしなきゃ!」と勝手に思い、勝手に苦しんでいたのです。妻に対してなんて失礼な態度でしょう。

あなたの奥さんは、あなたとなら試練を乗り越えられると思ったから結婚した。

あなたとならどんなに辛いことがあっても乗り越えられると思った(から結婚したんだよ)」

妻に言われてハッとしました。あなたもきっと、今の奥さんとの結婚を決めた時「この子を幸せにしよう!」と誓ったと思います。そしてそれを奥さんが受け入れたということは、奥さんもまた、あなたを幸せにしたい! と思ったということに他なりません。
夫である私たちは、その事実を決して忘れてはなりません。頼りましょう、もっと。あなたが今困っていること、一人で抱えて悩んでいること。吐き出しましょう、もっと。

あなたが選んだ人なのだから、あなたがちょっと頼ったぐらいで不快に思うような人じゃないですよ。あなたが奥さんに頼りにされたら嬉しいように、奥さんもあなたに頼りにされたら嬉しいんです。

「他人に甘えてはいけない」という思い込みを捨てよう

全国にいる旦那さんへ、私から一つ提案があります。男が女に頼るなんて恥ずかしくてできやしない! というくだらないプライドと、金輪際おさらばしませんか? 男が女に頼ってる、と書くとなんだかヒモのような依存している関係をイメージされるかもしれませんが、私は依存関係も否定しようとは思いません。

もっとも良くないのは、「他人に甘えてはいけない」という思い込みを持ってしまうことではないかと思うのです。「大人として問題は一人で解決しなきゃ。」「誰かに頼ってては一人前とは言えない。」そんな事、誰が決めたんでしょうか? そのことで自分を積極的に苦しめているのは、他でもないあなたではないでしょうか?

あのイチローだって、毎朝のカレーを完全に奥さんに依存しているじゃないですか。イチローじゃない私たちは、もっと家族に頼っていいのではないでしょうか。

あなたが苦しむ顔をみる家族は、もっと苦しいんです。あなたの問題は家族の問題、家族の問題はあなたの問題。一緒に、家族みんな巻き込んで、みんなで解決していきましょう。それこそが家族を持つことの醍醐味なんじゃないかと思うんです。

The following two tabs change content below.
Yoshiki Kawaguchi

Yoshiki Kawaguchi

日本大学芸術学部 映画学科演技コース 卒業。俳優業とカウンセリング業を通じて学んだ人間心理と、自身の事業を通じて体験した気づきをミックスした独自の恋愛理論が好評。

-夫婦生活, 恋愛・夫婦生活
-,

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.