広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

ウェディングのカタチ フォトウェディング

人気の韓国フォトウェディング!ツアー内容や金額、体験談も紹介!

投稿日:2018年12月27日 更新日:

人気の韓国フォトウェディング!ツアー内容や金額、体験談も紹介!_1
「異国の地でロマンティックなフォトウェディングを撮影したい!」
そんなカップルに今、大注目の韓国フォトウェディング。

比較的お手頃価格ながらも、韓国ならではのまるで映画のワンシーンのような写真が撮影できるフォトウェディングは、今大人気となっています。

そんな韓国フォトウェディングには、ツアーもあるのでしょうか?
徹底調査します!

人気が高まる韓国フォトウェディングは、ツアーも充実!

人気の韓国フォトウェディング!ツアー内容や金額、体験談も紹介!_2
近年大人気の韓国フォトウェディングは、ツアーも数多く存在します。
パッケージツアーになっていると、自分で手配するよりもお得なものも多く、なによりも手間がかからないというメリットがあります。

韓国フォトウェディングは、現在とても人気が高まっているため、ツアーも充実しています。
また、通常のツアーのオプションとしてフォトウェディングが用意されているケースも。
いろいろなプランを見比べて、満足のいくものを見つけてくださいね。

2泊3日~3泊4日プランが一般的

プランとしては、大体2泊3日~3泊4日とコンパクトなものが多くなっています。
コンパクトかつ濃厚なプランが多く、滞在期間が短いにも関わらず大満足の内容というのが特徴といえるでしょう。

では、具体的にどのような内容になっているのか、ここでは2泊3日のモデルプランを見てみましょう。

スケジュール(2泊3日の場合)

それでは、韓国フォトウェディングのモデルプランをチェックしてみましょう。

1日目の午前便で各地を出発し、ソウルや釜山といった撮影地へ。

午後には到着して、ホテルにチェックインしたあとはスタジオに打ち合わせに行きます。
送迎車がある場合もありますし、自分たちで行くケースもありますが、プランによってそのあたりは変わってきます。

オプションでエステなどをつけることができる場合もありますから、しっかりチェックしましょう!
夕食は、ホテルでゆったりと。
あとは、撮影に備えてしっかりと休みましょう。

2日目は、いよいよ撮影です。

朝食後、スタジオまたはヘアサロンに移動し、ヘアメイクを済ませます。
時間を掛けてするサロンではパックやマッサージからスタートし、仕上がりまで4時間程度かかるケースも。
長丁場であると覚悟を決めて、向かいましょう。

セット完了したら、スタジオへ。
撮影時間がとにかく長いのが、韓国フォトウェディングの特徴です。
その分、自分たちの理想とする写真を撮影できますし、撮影中はテンションも上がっていてあっという間!

まるで女優やモデルになったように、周りの人たちが自分たちのために一生懸命素晴らしい一枚を残すべく動いてくれる経験は、人生においてもそうそうありません。

撮影中は、とにかくその場を思いきり満喫しましょう。
撮影終了後は、ホテルに戻って夕食です。
撮影が終わって、ほっとした時間になることでしょう。
ふたりで韓国の夜を、楽しんでください。

3日目は、出発まで自由時間というケースが多いようです。
朝発、昼発、夜発と、それぞれの飛行機で価格が違うこともあります。
ふたりの都合に合わせた上で、検討しましょう。

3泊4日プランだと何が変わるの?

韓国でのフォトウェディングには、3泊4日プランも存在しています。
少し余裕を持ったスケジュールを組みたいという場合にはおすすめです。

1日目は日本からソウルへの移動となります。
午後からの日本発着便でソウル入りをし、空港からホテルへ移動をします。
日本からの移動もゆったりしているので忙しい二人にはよいのではないでしょうか。

2日目の午前中はドレスを選びます。
着用するドレスが決まれば、後は夕方まで自由行動です。
おいしいものを食べたり、ショッピングを楽しんだりと二人で楽しい時間を過ごしましょう。

夜は遊覧船クルーズやエステツアーなどリフレッシュができるアクティビティに参加できます。ソウル市内の夜景見物などオプショナルツアーの準備も多彩なので、二人にとって最適のプランを選べるのもうれしいところですね。
日本では経験できないソウルでの夜を満喫しましょう。

3日目は撮影に一日を費やすことになり、朝はメイクアップを行い、スタジオで衣装や背景を変えて撮影を行います。
外でのスチール撮影や、スタジオでのデジタル撮影など、自分がモデルになったかのような感覚で楽しむことができます。普段は絶対しないポーズなどにもチャレンジしてみましょう。そして、撮影終了後は自由行動となります。

最終日の4日目は日本への帰国のための移動となります。
指定した飛行機に搭乗できるように余裕をもって空港へ移動をしましょう。
ソウルからはその日のうちに帰国できるプランですので、直行便があれば地方空港への発着も可能なので、体に負担をかけることなく移動できるのもよいところですね。

費用はどれぐらいかかる?

人気の韓国フォトウェディング!ツアー内容や金額、体験談も紹介!_3
気になる費用ですが、2泊3日のツアーで30万円程度というケースが多いようです。
1泊2日の弾丸撮影ツアーの場合は25万円、3泊4日だと35~40万円というのが平均となっています。

ソウルと釜山で費用は変わる?

韓国の首都・ソウルと第二の都市である釜山。韓国フォトウェディングを選ぶならどっちがいいの?という質問を寄せられることがあります。

旅費を安く済ませ、手厚いサービスを受けたいのであれば、釜山での撮影がおすすめです。日本から釜山へのアクセスは韓国と比べると格安です。
航空チケット代だけでも、ソウルへのアクセスと比べても半額以下という場合があります。

撮影のクオリティはソウルも釜山も変わりません
ただし、同じページ数のフォトアルバムプランを比較すると、ヘアメイクの代金やカメラマンの指名といったところで費用が変わってきます。
ソウルでの撮影は、オプションを有料とすることが多いのが特徴です。つけ毛ひとつについても有料となるケースが多いので注意が必要です。

また、釜山での撮影は時間にかなり余裕を持ったスケジュールを組めるメリットがあります。お色直しとともにヘアアレンジやメイクも変えてもらえることや、スタジオの貸し切りなど、希望者が多く殺到するソウルの撮影スタジオとは打って変わって、落ち着いた空間で撮影に臨めるでしょう。

ソウルは、宿泊するホテルのクオリティが高く、過ごしやすさは抜群です。
食やショッピングなどの有名店が多いうえ、エステやコスメなどラグジュアリーな店も多いメリットがあります。
釜山も食や宿泊先に困ることは少ないのですが、きらびやかな街といえばソウルが格上な点は否めません。

価格面を重視するか、クオリティ面を重視するかはカップルの価値観にもよるでしょう。

そのままハネムーンに行くのもOK

人気の韓国フォトウェディング!ツアー内容や金額、体験談も紹介!_4
「せっかく韓国に行くなら、ハネムーンも兼ねて行きたい!」と思う方もいらっしゃいますよね。
もちろん、ハネムーンをセットにしちゃうのもおすすめです。
フォトウェディングのプランにも、オプションで「ハネムーン」を追加できるケースも多くあります。

フォトウェディングだけのツアーは、比較的日程がタイトで、撮影だけでもかなりのボリュームとなるもの。
そうなると、どうしても観光の時間が取れないというのが実情です。

「せっかく韓国まで行ったのに」と、残念に思うカップルも。
そうならないように、あらかじめハネムーンと兼ねてプランを立てるというのもいいでしょう。

韓国ならではの甘く、雰囲気のある美しい作品が撮れる韓国フォトウェディング。
ツアーなら、手配も手軽に済みますし、おすすめです。

ツアーを利用したカップルの体験談を紹介!

人気の韓国フォトウェディング!ツアー内容や金額、体験談も紹介!_5
「百聞は一見に如かず」とはよく言われますが、まずは先輩花嫁さんの体験談を聞いたうえで改めて韓国でのフォトウェディングを検討したいと誰もが考えることでしょう。

韓国フォトウェディングを経験したカップルの話を聞くと、圧倒的多数の方が「撮影された写真のクオリティが高い」と支持しています。
ポージングの指導など「いかに美しく見せるか」にこだわりを持ってスタッフが撮影にあたってくれるので、素人でも見栄えのよい一枚に仕上がると好評です。

カメラマンとは言葉が通じなくても、現地スタッフが通訳してくれるので、コミュニケーションもしっかりとれました!という声も寄せられています。

日本では「こんなことしないだろう」というようなポージングも韓国でなら自然にできちゃうという声も。「はじめは難色を示していた彼も、どんどん場の空気を楽しんで撮影に臨んでいた」といううれしい報告もあるようですね。

また、授かり婚にも対応していてうれしかったという声もあります。妊娠初期の体調不良が続くときでも、気遣いがあったので最後まで撮影ができたといったお話も見られました。

このほかにも、先輩花嫁の体験談はたくさん寄せられています。
あなたも実際に韓国フォトウェディングを経験して、これからの花嫁さんに素敵な出来事を紹介してみませんか?

-ウェディングのカタチ, フォトウェディング

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.