結婚式会場 結婚式準備

結婚式場の探し方。賢く探すための3つのポイント

投稿日:2019年8月8日 更新日:

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

結婚式の最新トレンド・お得な情報をお届けしています。
結婚式が最高の思い出になるよう、少しでもお手伝いできたら幸いです♡

結婚が決まると、いよいよふたりの結婚式に向けて始動します。

そこでまず取り掛かりたいのが、結婚式を挙げる会場探しです。

世の中には素敵な結婚式場がたくさんあり、どうやって探したらいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は、理想の結婚式場を見つけるためのポイントをご紹介します。

まず結婚式の条件を決めておく

結婚式

やみくもに結婚式場を探しても、情報を得れば得るほど混乱してしまいます。

そこでまずは、ふたりの結婚式に譲れない条件をはっきりさせておく必要があります。

最低限、以下の条件を決めてから結婚式場探しに取り掛かるようにしましょう。

【結婚式の条件】

・結婚式を挙げる地域

・式の日程

・招待するゲストの大まかな人数

・式の予算上限

・挙式スタイル(教会式・神前式・人前式)

これらの条件をふたりで話し合い、はっきりさせておきましょう。

このうち予算の上限金額は、ご祝儀の想定金額を差し引いた自己負担額で考えるのがベター。実際に式場の見積もりでは、一人3万円×招待人数でご祝儀の金額が試算され、費用総額からそれを差し引いた金額が自己負担額として提示されます。

挙式スタイルについても、式場によっては希望の形式に対応していない場合があるため、あらかじめ明確にしておきましょう。

また、地域、日程、ゲストの人数はお互いの両親にも確認しておくと安心です。

情報サービスを利用して結婚式場の情報を集める

スマホ

理想の結婚式の条件がある程度固まったら、次は結婚式場の情報を集めましょう。

インターネットでブライダル専門のサイト見ても、情報が多すぎてどれがいいのか決めきれない可能性も。

そこで、結婚式で何を重要視するかをはっきりさせ、それに合うサービスを使うのが賢い探し方です。

ここでは下記の3パターンの結婚式の情報が集まるサービスをご紹介します。

■王道の結婚式

■安さを重視した結婚式

■人とは違うおしゃれな結婚式

それでは一つずつ見ていきましょう。

王道の結婚式がしたい

結婚式

平均的な予算で王道の内容の結婚式をしたい場合は、ゼクシィなどの大手ウェディング情報サイトを利用すると、たくさんの情報のなかから選ぶことができます。

実際にスタッフと会って話ができる相談カウンターに行ってみるのもおすすめです。

こんな人におすすめ

・王道の結婚式がしたい

・たくさんの情報のなかから選びたい

・平均的な予算は用意できる

探し方

ゼクシィ

マイナビウェディング

安さを重視した結婚式がしたい

近年、結婚式をしないカップルは増加傾向にあります。その理由は第一に「高いから」。

結婚式をしない代わりに生活費や新居の初期費用にお金をまわしたり、新婚旅行を豪華にしたりと、結婚式以外の部分を重視するケースが多いようです。

そのため、現在はどこの結婚式場も「安さ」を入り口にした集客を始めています。

ブライダル業界特有の「持ち込み料」をカットしたり、リーズナブルに挙げられる少人数プランを充実させたりと、安さの秘密は式場によってさまざまです。式費用の後払いが可能な式場も多く、まとまった資金のないカップルでも無理なく利用できるようになりつつあります。

新郎新婦の支払う金額が安くても、内容の違いはゲストにわからないよう工夫してくれるため安心感があります。

豊富な格安結婚式プランを紹介してくれるサービスもあり、そこから好みの結婚式場を探すことが可能です。

こんな二人におすすめ

・無駄な費用はかけたくない

・新生活の他のことにお金をかけたい

・貯金がないけど結婚式を挙げたい

探し方

・スマ婚

・楽婚

・ゼロ婚

人とは違うおしゃれな結婚式がしたい

結婚式

まだ数はそれほど多くないものの、カップル一組一組に対してオーダーメイドのような形で結婚式をプロデュースしてくれるサービスがあります。

カップルの個性を生かしたプログラムや、おしゃれな写真を残せるところが特徴です。

こんな人におすすめ

・自分たちらしい結婚式をしたい。

・人と同じ結婚式はしたくない。

・理想を叶えるためならお金を惜しまない。

探し方

クレイジーウェディング

Haku

結婚式場を見学しよう

チャペル

情報収集を行い結婚式を挙げる式場の候補が絞り込めたら、次は式場を実際に見に行きましょう。

式場見学の方法は、ブライダルフェアに参加する方法と個別に式場見学を行う方法があります。

特にブライダルフェアの場合、いざ申し込むことになったときに「ブライダルフェア参加特典」が受けられることが多いため、スケジュールさえ合えばぜひ参加したいところです。

ただし、フェアや見学には時間がかかるうえに式場からの勧誘が増える可能性もあるため、候補を3か所程度に絞り込んでから申し込むのがおすすめです。

まとめ

結婚式場の探し方について、探し方のポイントやおすすめの情報サービスをご紹介しました。

式場探しは情報も多く、いざ探し始めても迷うばかりでなかなか進まない…なんてことも。しかし、ふたりで条件や希望を固めてから探してから比較検討すれば、きっと後悔のない選択ができるはずです。

悩みすぎて夫婦ケンカなどにならないよう、使えるサービスはどんどん利用して、賢く効率よく式場選びを進めていきたいですね。

結婚式に "無駄なお金" をかけたくない新郎新婦様へ

結婚式の平均費用は約360万円。

でも、格安結婚式のスマ婚なら

平均約200万円!

100万円以上も安く結婚式できるんです。

その訳は・・・?

-結婚式会場, 結婚式準備
-

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.