結婚式準備

正直迷う……結婚式の「人前式」と「教会式」の費用や内容の違いとは?

投稿日:2017年1月28日 更新日:

結婚式のスタイルとして、人前式・教会式・神前式と大きく分けて3つの種類があります。
教会式と神前式は比較的ポピュラーですが、人前式はあまり馴染みがないと言う人もいるのではないでしょうか。

人前式と教会式の違いを見ていきましょう。

教会式について

教会式とは、その名の通りチャペルで結婚式を挙げるスタイルの挙式です。
ルーツはキリスト教にあり、キリスト教徒がしきたりに従って行っていたものが、今では多くの日本人に受け入れられています。
小さい頃から白いウェディングドレスを着て、荘厳なチャペルで結婚式を挙げてみたいと憧れている人も多いのではないでしょうか?

ちなみに、キリスト教徒かどうかに関係なく教会式を挙げることは可能です。
より本物らしく教会式を挙げたいのであれば、日頃からミサなどで実際に使われている教会を選ぶこともできます。

結婚式の「人前式」と「教会式」の違いとは?2

人前式について

教会式が神様の前で結婚を誓うのに対して、人前式は結婚式に招待されたゲストに対して結婚を誓います。
チャペルを使って挙式することも多く、その場合は一見したところでは教会式とはなんら変わりません。

しかし、人前式は基本的に内容や場所も自由に設定でき、よりオーダーメイドの結婚式に近づけるスタイルと言えそうです。
決まった流れは特にありませんが、できれば外したくないのが「ゲストの前で結婚の誓いを立てること」。

教会式であれば神父の前で誓いを立てますが、人前式では神父はおらず代わりにゲストから司会を立てることも多いようです。

結婚式の「人前式」と「教会式」の違いとは?3

教会式と人前式、それぞれの決め手は?

結婚式を挙げるカップルの中で、最も選ばれているスタイルは教会式です。
結婚式といえばドレスを着てチャペルで挙げるというのが定番ですよね。

では、人前式を選んだ人はどこが決め手だったのでしょうか?
人前式の特徴はオーダーメイドに自由に設定できる点と、新郎新婦とゲストの距離がより近い式を挙げることができる点です。
チャペルにこだわらずに二人の思い出のレストランなどでも挙げることができます。

また、費用の面でも人前式の方が安いことが多いようです。
教会式では聖歌隊や神父に来てもらう必要があるため、どうしても費用がかさみがち。
しかし、同じチャペルを使うのでも、人前式の方がコストがかからないというメリットもあるようです。

神様の前で愛の誓いを立てる教会式と違い、人前式はゲストに対して愛を誓います。
自由度が高くアットホームな結婚式をと考えるなら、人前式も検討してみてはいかがでしょうか。

-結婚式準備
-, ,

Click to Hide Advanced Floating Content

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.