結婚式場探し

神社での結婚式の費用の相場とは?初穂料も必要?

投稿日:2017年2月9日 更新日:

神社での結婚式の費用の相場とは?初穂料も必要1
神前式とは、神社で行う結婚式のこと。
格式高いイメージのある神前式ですが、挙式費用はどの位掛かるのでしょうか。

今回は、神前式の費用について調べてみました。

初穂料の相場は5万円~10万円

神社で結婚式を行う場合、まずは神様にお納めする初穂料が必要となります。
神社にもよりますが、初穂料のなかに挙式料が含まれているケースもありますので、予約の際には確認するようにしましょう。

また、神社での神前式と、神社で式を挙げて併設の結婚式場で披露宴をする場合、ホテルや結婚式場内の神殿で行う結婚式と、さまざまな種類があります。
結婚式場が併設されている神社や、ホテルや結婚式場内の神殿で挙式する場合は、初穂料が比較的安く設定されていることも。
式場によってはさまざまプランがありますので、比較検討してみることをお勧めします。

神社での結婚式の費用の相場とは?初穂料も必要2

婚礼衣装代は白無垢がお得

挙式費用のほかに必要なのは、婚礼衣装代、着付け料、ヘアメイク代です。
意外と費用が掛かるのが、婚礼衣装代。

ここは、花嫁にとっては一番譲れないところではないでしょうか。
お値段はともかく、納得のいくものを選びたいとお考えの方も多いでしょう。

最近は、色打ち掛けや黒引きが高い人気となっていますが、実は伝統的な花嫁衣装である白無垢が、一番お手頃価格なのをご存知ですか?
衣装を選ぶときは、ぜひ白無垢からチェックしてみてください。

白無垢の相場は約20万円、色打ち掛けは25万円、黒引き振り袖が30万円、紋付き袴は8万円程度が相場となっています。
また、婚礼衣装の着付けには、プロの着付け師が必要です。

お着物の場合、小物がいろいろと必要なため、この衣装代にプラス5万円ほど見ておいたほうがいいでしょう。
着付け料やヘアメイク代も、5万円程度となります。

神社での結婚式の費用の相場とは?初穂料も必要3

セットプランがお得

その他にも、写真撮影をするカメラマンを依頼するとプラス5~10万円掛かります。
神社によっては初穂料、挙式費用、衣装代、着付け・ヘアメイク代、カメラマン代とすべてセットになったプランが用意されているところもあるので、調べてみることをお勧めします。

神社は、初詣やお宮参り、七五三など、人生で何度も訪れる機会があるもの。
自分たちの式を挙げた神社で、そういった経験を重ねられるのも、神前式の魅力と言えるかもしれません。

-結婚式場探し
-, ,

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2022 AllRights Reserved.