恋愛 恋愛・美容

女性が「めんどくさい!」と思う男性の言動【5選】

投稿日:2017年2月23日 更新日:

あなたは女性に面倒だと思われることはしていませんか?気軽に何も考えずにしている行為が、実は女性を不快にさせてしまうことがしばしばあるようです。でも、なかなか本人は気づかないもの。
そこでできるだけ注意してほしいポイントを挙げてみました。是非これを参考にして面倒くさい男性から脱却してくださいね。

言い間違いをいちいち直す

相手の話をさえぎって言い間違いをわざわざ言い直す男性は面倒くさいと思われてしまうことが多いようです。
女性もそうですし、男性からも面倒だと思われるのが特徴ですね。
・相手が言った英語の発音をネイティブっぽく言い直す。
・会話の途中で言い間違いをいちいち指摘する。
・メッセージの誤字を指摘する
・Twitterのつぶやきのミスを後日指摘する
等が挙げられます。

男性は、自分が物知りであることや洞察力が優れていることなど、何かとアピールしたがってしまう傾向が強い生き物なのかもしれません。しかし言われた相手の事もきちんと考えないと、面倒に感じられて終わってしまうことが多いようです。
物知りだということを伝えたいあまりに、言い直しをすると、女性からは「そんなことわかってる!!」「はぁ~話止まった~」等と内心思っている方が多いようです。
基本的に、「すごい!」と思われることはないようなので注意しましょうね。
そして自分で言った言い間違いは、それを言った本人すら気づいていることが多いようです。

相手が答えたくない質問をする

答えづらい質問をすると女性は面倒に感じるようです。
男性も同じですが、答えづらい質問をされるのは嫌ですよね。
例えば、SかMを聞く。そんなことを聞いてどうするの?と思う女性も多いみたいです。
下の話は男性からしたら別に気にしなくても、女性は答えたくないと思うことが結構あるようです。
そしてさらにしつこく質問をすると、嫌われることもあるかもしれません。
解決策としては、相手の反応を見る、親しくない人にはあまりつっこんだ話はしない、というのがいいかもしれませんね。

酔っているときだけ連絡をしてくる

酔った勢いで電話をすると、面倒に思われることが多いです。
温度差が違うため、話している方は楽しくても、聞いている方は酔っていて何を話しているかわからない、電話をかけておいて自分が覚えていないなどの理由で面倒に感じるようです。
女性に限らないことですが、男性は特に女性に電話をしたくなるようです。
そして嫌になる理由としていつもは連絡しないのに、酔ったときだけ電話してくるからだそうです。
また酔った勢いで送る意味不明なメッセージも嫌がられる原因になりますので、控えた方がいいかもしれません。

匂いをかぐ

匂いをかぐことを面倒に感じる女性は多いようです。
いい香りのする女性は多いものです。ですのでついついかぎたくなる男性は多いのではないでしょうか?
しかし女性は男性よりも一般的に警戒心が強いため親しくないのに体が近いと不快感を覚えてしまう方が多いようです。
たとえば、ロングヘア―の女性の髪を掴んでかぐ、服に鼻を近づけてかぐという男性が多いようです。
女性に近づきたいあまり変なことをすると、嫌がれることは多いものです。彼女や、よほど仲がいい人でなければ控えた方がいいかもしれません。
どうしてもかぎたいならお願いするのも一つの手かもしれませんね。

しつこいメッセージ

メッセージを送ってから、返信が来ていないのにまた送るという行為は面倒に感じさせる可能性大です。
はじめは返そうと思っていても、返す気が失せるときもあるよう。
最近のアプリでは、相手がメッセージを読んだかどうかわかるものも出てきています。
そこで、既に読んだのに返事がない場合、またメッセージを送ったり、スタンプを連打するなどの行為をしてしまうことは男性ならあるかもしれません。
返事がない場合はメッセージは送らない方がいいかもしれません。

まとめ

今回は面倒くさいと思われる男性の行為を挙げましたがいかがでしたでしょうか?
当てはまることはしていませんでしたか?
挙げてみてわかったことはついついやってしまう人は多いんじゃないかということです。特に酔った勢いで電話を掛けられるのは、面倒に感じますよね。
でも当の本人はついついやってしまうことが多いようです。以上のことに気を付けてデートや交友関係で失敗しないように気を付けてくださいね。
応援しています。

-恋愛, 恋愛・美容
-

Click to Hide Advanced Floating Content

スマ婚×LUMINOUS

Click to Hide Advanced Floating Content

スマ婚×LUMINOUS

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2021 AllRights Reserved.