ドレス・演出

【2018年版-2019年度版】結婚式を盛り上げる「曲選びのコツ」と「シーン別おすすめ曲」

投稿日:2017年4月26日 更新日:

結婚式に流す曲は、結婚式のイメージを左右する大切なものです。「どんな曲にしよう……」と悩む人も多いでしょう。

今回は「曲選びのコツ」と、2018年版-2019年度版の「シーン別おすすめ曲」を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

結婚式の曲選びのコツ5つ

結婚式で流す曲は、結婚式の雰囲気を左右する大切なもの。

曲選びに時間をかけるカップルも多いでしょう。

しかし、曲選びはコツがつかめれば、意外に簡単に決められる部分でもあります。

まずは、どのように曲を選べばよいのか、曲選びのコツを紹介します。

1.テーマを決める

楽譜

音楽の趣味が合わないカップルはたくさんいます。

せっかく候補を選んでも「なんかイマイチなんだよね……」と相手に却下されてしまうことも。

そんなときには、どのような曲が良いのか、テーマを決めて選ぶのがおすすめです。

例えば、ゲストを楽しませる曲や感動的な曲、ファンタジックな曲など、曲を流すことで会場をどのような雰囲気にしたいのか、テーマにして書き出します。

書き出したテーマに合わせて曲を選ぶと、「思ったものと違う!」というミスマッチを減らせるため、曲選びの時間を短縮できますよ。

2.BGMを統一する

BGMを統一してしまうのもおすすめです。

例えば、季節の曲で統一したり、映画のサウンドトラックで統一したり、アーティストで統一したりと、曲に統一感を出すと、式がグッとまとまった印象になりますよ。

3.分担する

夫婦

曲は二人で一緒に選ぶのではなく、分担して選ぶことも曲選びのコツ。曲選びを分担で行う場合には、事前に「この曲はNG!」「こんな雰囲気は嫌!」というものを事前に共有しておきましょう。

分担する場合も、事前にテーマを決めたり、流す曲のジャンルを決めたりしておくと、お互いの意向に沿った曲選びができるのでおすすめです。

4.最終決定に迷ったらプランナーに聞いてみよう

「曲の候補は出たけど、絞り切れない」「会場で流すなら、雰囲気の良い曲はどっち?」など、最終決定に悩んだら、結婚式のプロであるプランナーに相談しましょう。

多くの結婚式を知っているため、的確なアドバイスがもらえます。

5.歌詞を確認しておく

曲選びで、見落としがちなのが曲の歌詞。

「メロディーは良いのに、歌詞は結婚式にふさわしくない」という場合もあります。

特に洋楽は注意が必要です。歌詞の和訳をチェックしておきましょう。

ちなみに結婚式で定番の、映画「ボディガード」で使われた曲、Whitney Houston(ホイットニーヒューストン)の「I Will Always Love You」も実は失恋ソングなんですよ……!

> 続きを読む 

-ドレス・演出
-,

Click to Hide Advanced Floating Content

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2020 AllRights Reserved.