広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

前撮り・フォトウェディング

フォトウェディングの予約はいつからできる?予約の注意点とは

投稿日:2017年4月28日 更新日:

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

結婚式の最新トレンド・お得な情報をお届けしています。
結婚式が最高の思い出になるよう、少しでもお手伝いできたら幸いです♡

フォトウェディングの予約はいつからできる?予約の注意点とは1
フォトウェディングを予約する際、どれくらい前から予約ができるのでしょうか。
結婚式とは違い、空きがあれば数日前でも予約が可能としているところがある一方で、フォトウェディングでも結婚式に近いものだとかなり前から予約が必要なスタジオもあります。

フォトウェディングの予約はいつからできる?

フォトウェディングは、基本的には写真の撮影会なので撮影の枠に空きがあれば予約はいつでもできます。
ただし、フォトウェディングといっても海外で撮影するものや、結婚式に近いプランだと事前予約の期間が決まっていることが多いため、注意が必要です。

また、事前に希望する期間が決まっている場合は、早めの予約をおすすめします。
例えば、撮影希望の季節がある、二人の記念日に撮影したいなどという場合、1年前から予約する方もいらっしゃいます。

ただ、ロケーションフォトは当日の天候に左右されてしまうこともあるため、天気予報が出てから予約の日時を改めて考えたり、万が一雨の場合は順延したりスタジオ内での撮影に切り替えたりするなど変更する必要もあります。

スタジオ内での撮影については、新郎新婦の予定次第ですが、ロケーションフォトについては天候も関係してきますので、予めスタジオと相談しておくようにしましょう。

フォトウェディングの予約はいつからできる?予約の注意点とは2

仮予約はできる?予約のキャンセルはできる?

式場と違って、仮予約というよりも正式に予約をするのがほとんどです。
希望の日時を決めて、予約するという形になります。

予約の変更やキャンセルなども可能ですが、スタジオによっては「撮影日の1週間前からキャンセル料がかかる」というところが存在します。
良心的なスタジオではキャンセル料、変更料は不要の場合もありますが、1週間前までには人材や資材の手配をしているため、直前のキャンセルはスタジオにも迷惑がかかります。
もし予定を変更したいときは、可能な限り早めにスタジオと連絡をとっておくようにしましょう。

フォトウェディングの予約はいつからできる?予約の注意点とは3

予約する上での注意点

予約に関するトラブルでよくあるのは、「お金」です。
手付金、前払い金、キャンセル料、遅刻料金などで後からもめてしまうと、せっかくの晴れ舞台が台無しです。

もちろん、スタジオ側も説明に努めるべきなのですが、料金に関することは契約する前にしっかりと確認しておきましょう。
わからないことがあったら、必ず質問して、トラブルを少しでも少なくしておくことも大切なポイントです。

フォトウェディングは手軽にできることが魅力でもありますが、希望する条件や日程で撮影を行うためには、事前に予約をとっておく方が無難です。
スタジオ撮影にしろ、ロケーション撮影にしろ、予約方法やキャンセル料など細かい注意事項も確認をしながら、準備を進めていくと良いでしょう。

-前撮り・フォトウェディング
-

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.