結婚式会場

ブライダルフェアはデートで行っても良いの?気になるポイントをご紹介!

投稿日:2017年6月2日 更新日:

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

結婚式の最新トレンド・お得な情報をお届けしています。
結婚式が最高の思い出になるよう、少しでもお手伝いできたら幸いです♡

ブライダルフェアとは結婚式場で行われるイベントです。主に結婚を控えたカップルが、式場選びの参考に訪れます。そんなブライダルフェアですが、デート感覚で行ってもいいのでしょうか? 結婚式について具体的に決まっていないカップルがブライダルフェアに行く際の楽しみ方や注意点をご紹介します!

ブライダルフェアにデートで行ってもいいの?

ズバリ、ブライダルフェアはデートで行ってもOK! 大学生でも、プロポーズ前のカップルでも参加できます。むしろ、結婚についての知識を得られるので、将来結婚を意識しているカップルには積極的に行っていただきたいです。

ブライダルフェアでできること

・模擬披露宴を見ることができる

・結婚をイメージできる

・費用や内訳など、細かいことを知ることができる

・ドレスが試着できる

・料理やデザートの試食ができる

ブライダルフェアはさまざまなことができる場。「どんなドレスが良いかな」「将来どんな結婚式を挙げようかな」と話も弾みますよ。ブライダルフェアのなかには、本番さながらの模擬披露宴・模擬挙式を行っているところもあります。「模擬だとわかっているのに、将来の自分たちを投影してしまい思わず泣いてしまった……」という人もいるほど。将来結婚を意識しているカップルには是非、デートとして参加して欲しいです。

ブライダルフェアにデートで行くメリットとは

・将来の結婚像がイメージできる

・気楽にブライダルに触れられる

・普段と違ったデートができる

「結婚式っていいな」「あんなやり方もあるのか……」といったように、今まで漠然としていたイメージを明確にできるのがブライダルフェアのメリットです。将来結婚を意識しているカップルは、ブライダルフェアへ行き、将来の挙式イメージを考えてみましょう。

またブライダルフェアには、費用がかからないものがたくさんあります。無料なのに、憧れのウェディングドレスが試着できたり、模擬披露宴が見られたりする場合も。内容は盛りだくさんなのに、お金がかからないため、あまり構えず訪問できるのもメリットのひとつ。周囲のカップルがどんな結婚をイメージしているのか、調査目的で訪れてもよいでしょう。 それほど気負わず、模擬披露宴や、ドレスの試着など、ちょっとしたイベント感覚で遊びに行ってみましょう。

一方で……ブライダルフェアにデートで行くデメリットとは

・相手を焦らせる場合がある

・見積もりなど、細かなことが聞かれる

・意外に時間がかかる

結婚を意識していない相手に「ブライダルフェアに行きたい」と告げると、結婚を催促されていると感じて「重い」と思われてしまう場合があります。また、ブライダルフェアは結婚を間近で感じられる機会です。初めは気軽にフェアに行こうという考えでも、実際に直面して「まだここまで考えていないし…」と尻込みさせてしまう場合も。相手や自分たちの状態を見て、ブライダルフェアに行くかを決めるのもオススメです。 そのほか、ブライダルフェアの参加者は「結婚式を挙げる予定で、会場を探しているカップル」が前提です。そのため、会場にいる係員やプランナーは「ぜひ、うちで式を挙げてほしい!」と営業をしてきますし、周囲のカップルは結婚を本気で意識している人は多いです。そのため場違いだなと感じてしまうことも。

また、「挙式する際には何人の参列者を呼びますか?」「費用はいくらくらいを考えていますか?」など、かなり突っ込んだ質問もされます。また質問に答えたり、話を聞いたりしていると思った以上に時間がかかります。挙式をするつもりがないと、それが面倒に感じることも。結婚をするつもりが全くない、という場合は参加を避けたほうが良いでしょう。

ブライダルフェアデートのメリット・デメリットを紹介しました。デメリットはありますが、二人の間で結婚というワードがセンシティブなものでなければ、行っても問題ありません。ただし、結婚の予定が全くないと場違いに感じてしまうため注意が必要です。ブライダルフェアをデートで行っているカップルもたくさんいます。結婚の予定があったらぜひ一度、見に行ってみましょう。

こんな方法もあります!デートで行くときの楽しみ方

デートで行くときにハズせない3つのポイントを紹介します。

1、無料試食会がねらい目!

ブライダルフェアでは、たまに無料試食会が開催されています。試食会は主に単品かプレートの2種類です。あくまで試食のため、お腹いっぱいの料理が食べられるわけではありませんが、肉料理や魚料理といったメインディッシュ、ケーキやフルーツなどのデザートが食べられます。何件かフェアを巡れば、ランチの代わりにもできますよ。

せっかくブライダルフェアに行くなら、お得に美味しい料理を食べましょう!

2、結婚のイメージが沸く、模擬挙式

模擬挙式はブライダルフェアのなかでも人気の高いイベント。模擬だとわかっていても、神聖なチャペルで行われる挙式に将来の自分たちを投影して、感動するカップルが続出しています。結婚を考えているカップルならぜひ参加しておきたいイベントです。

3、一足早いウェディングドレスを!ドレスの試着

将来どんなドレスを着て式を挙げようか考えている人がハズせないのが、ドレスの試着。会場でレンタルできるドレスを実際に試着できます。カメラを持っていれば、写真撮影をしてもらえますよ。後で見返して、どんなドレスが似合うのか参考にするのも良いでしょう。

これだけは気を付けたい!デート感覚で行く場合の注意点・マナー

会場にいるプランナーは式を挙げてほしいと考えて、とても丁寧に接してくれますし、周囲には本気でどの会場にしたいのか、見定めにきている人もいます。デート感覚といっても、ふるまいや周囲への対応はマナーを守ったきちんとしたものにしましょう。

そのほか、服装や契約・見積もり相談時の対応方法をご紹介します。

服装

女性でドレスを試着する予定がある場合は、着脱のしやすい服装をしましょう。会場をあちこち見て回るため、長時間歩いていても疲れない靴がおススメです。 男性の場合は、カッチリとした服装は必要ありませんが、結婚式会場という神聖な場のため、ラフ過ぎないキレイめな恰好がおススメです。

見積もりや契約相談について

ブライダルフェアには、見積もりや契約相談がセットで付いてくる場合があります。「ぜひ挙式をしませんか?」と今契約すれば特典が付くなどの紹介もされますが、「流されて契約してしまい後悔した…」とならないように注意してください。

また、漠然と結婚を意識しているだけという場合は、「結婚予定はありますか?」「結婚の予定はいつですか?」と聞かれたときそのまま「まだありません」「すぐにするつもりはありません」とはぐらかすことなく答えましょう。あいまいな返答はプランナーも「もっと説明すれば契約してくれるのかな?」と誤解を与えて、話をややこしくしてしまうので注意してください。また、見積もりや相談を受けるときによく聞かれる項目があります。どのように回答するか事前に用意しておくと、スムーズに進められて便利です。よく聞かれるアンケート項目を紹介しますので、フェアに行く際は参考にしてください。

よく聞かれるアンケート内容

・名前、年齢

・連絡先

・住所

・職業

・挙式予定日

・予算

・ゲストを何人招待するか

・どのような式にしたいのか

・ほかにブライダルフェアに参加したことはあるか

ブライダルフェアに行って結婚のイメージを作りましょう!

ブライダルフェアは将来の結婚イメージを明確にできる場です。結婚を意識しているカップルはぜひ、デートコースに取り入れてみてはいかがでしょうか。ブライダルフェアは予約が必要な場合があります。事前に調べておき、必要な場合は予約しておきましょう。

-結婚式会場
-,

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.