入籍

結婚により苗字が変わったとき変更することは?

投稿日:2017年6月19日 更新日:

結婚で苗字が変わると様々な変更手続きがあります。

旧姓で使用していたものの名義を一つ一つ変えていく必要があるので、苗字が変わる方はしばらく大変です。

漏れのないよう手続きが必要な先をリストアップし、確認しながら手続きを進めましょう。

結婚で苗字が変わったら最初にしたいこと

まずは、苗字の変更手続きを進めるにあたって最初に用意しておきたいものをご紹介します。

住民票の取得

転入届や婚姻届の提出に役所へ行ったら、その足で新しい住所の住民票も取得しておきましょう。

運転免許証や銀行口座の名義変更など住民票が必要となる手続きが多いので、スムーズに進みます。

何度も役所に足を運ぶ手間を考えると、ぜひ最初に取得しておきたいところ。

この時、住民票の取得に300円かかります。

新姓の印鑑の作成

印鑑は、日本国内の各種手続きの必須アイテムといっても過言ではありません。

新姓が珍しい苗字の場合は印鑑作成に時間がかかることもあるため、婚姻届提出後、できるだけ早いタイミングで用意しましょう。

結婚の記念に、ふたりでお気に入りの認印を作ってみるのもおすすめです。

 

結婚後に行う名義変更の手続きとは?

結婚によって苗字が変わったら、必要に応じて氏名や住所の変更手続きを行いましょう。

運転免許証

苗字が変わったら、運転免許証の氏名・変更手続きは必須です。

その他の名義変更の公的証明書になるので、この手続きを最初に行うといいでしょう。

手続きは警察署や免許更新センター、運転免許試験場で行います。新苗字、新住所、新本籍の証明とこれまでの運転免許証を持参し、窓口に「運転免許証記載事項変更届」を提出します。この時持参する証明は住民票でOK。

手続きが完了すると、免許証の裏に変更後の氏名と住所が記載されます。所要時間も比較的短く済みます。

健康保険証

健康保険証の氏名変更は、自営業の方なら市町村の役所、会社員なら会社に申し出ます。

会社員の場合は社会保険だけでなく、厚生年金の氏名・住所や給与振込口座も変更する必要があります。

マイナンバーカード

マイナンバーカードを持っていない場合は、通知カードと顔写真つき身分証明書を市町村の役所か専用窓口に持参します。

カードを持っている場合はカードのみ持参すれば大丈夫。運転免許証のような裏書きはされませんが、カードに紐づく氏名・住所の情報を変更してもらえます。

金融機関の口座

通帳とキャッシュカード、届出印、住民票を持参して金融機関の窓口で手続きを行います。この時、届出印はそれまで使っていたものとこれから使用するものの二種類を持参して。金融機関によっては旧姓の届出印でも問題ないとする場合がありますが、今後住宅ローンなどで使用する可能性もあるため変更しておくのが無難です。

また、先に会社で給与振込口座の名義変更を伝えておいた場合でも、肝心の通帳名義を変更しないと給与の振り込みができなくなってしまいます。金融機関の口座名義変更は、様々な引落や給与振込が滞らないよう早めに手続きをしましょう。

各種クレジットカード

クレジットカードについても、苗字が変わったらできるだけ早く氏名・住所の変更手続きをしましょう。

インターネットでそのまま手続きを完了させられるパターンや、インターネットやカスタマーセンターを通して書類を取り寄せ、返送することで手続きを行えるパターンがあります。

ここで忘れがちなのが、普段メインとして使っていないクレジットカード。所有するカードは漏れなく手続きを済ませられるよう、あらかじめリストアップしておきましょう。

生命保険、損害保険等

保険会社のカスタマーセンターに問い合わせるなどして書類を取り寄せ、必要事項を記入して返送します。

クレジットカードと同様、インターネット上で手続きを完結させられる場合もあるので確認しましょう。

印鑑登録

新姓の印鑑ができあがったら、忘れずに印鑑の登録をします。新しい印鑑と身分証明書を持参し、市町村の窓口に出向きましょう。手数料の有無は自治体によって異なりますが、必要となる場合はおよそ300円前後です。

そのほかの手続き

新婚旅行でパスポートが必要な場合などには、早めに名義変更の手続きをしましょう。

そのほかに電気やガス、水道といったライフライン、NHK、固定電話、インターネットのプロバイダーなども氏名や住所の変更をする必要があります。

また、国家資格をお持ちの方は速やかな変更届けが必要な場合が多いので、あらかじめ確認しましょう。

会社員の手続き

リスト

会社に勤めている方の場合は、結婚後なるべく早く会社に届け出ます。社会保険と厚生年金、給与振込口座のほか、名札や名刺、社員証の交換も必要になるので相談しましょう。今後、仕事上で新姓を使うかどうかも伝えておく必要があります。

結婚を機に退職する場合、会社で行っていた健康保険や年金の手続きは自分で行わなければいけません。加入先に問い合わせて確認しましょう。

まとめ

結婚によって苗字が変わった場合の手続きについてご紹介しました。

名義の変更は全て完了するまでに1か月くらいかかることもあります。

大変ではあるものの、新生活のはじまりの楽しみだと考えて忙しい日々を乗り越えましょう。

結婚式に "無駄なお金" をかけたくない!

結婚式の平均費用は約360万円。
でも、格安結婚式のスマ婚なら
平均約200万円!

安さの秘密がわかる「スマ婚カタログ」をもれなく無料でプレゼント!
内訳がわかる【お見積りガイド】付き。

スマ婚パンフレット

-入籍
-

Click to Hide Advanced Floating Content

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2020 AllRights Reserved.