結婚式場探し 結婚式場探し

結婚式が安い月はいつ? 費用を節約する裏ワザ紹介

投稿日:

結婚が決まったけれど、結婚式の費用が心配という方も多いのではないでしょうか?

新生活は結婚式以外にも何かとお金がかかりますので、できるだけ節約したいですよね。

実は、結婚式は行う時期やお日柄によって費用が異なるんです。

結婚式が安くなるのは何月?

少人数結婚式での内容や流れはどのようになるか1

結婚式が安い 12・1・2月と7・8月

特に真冬の1・2月と、真夏の8月は過ごしやすい気候でないことから、結婚式はオフシーズンになります。

そのため安い費用で結婚式が挙げられるプランを用意している式場が多いのです。

オフシーズンとして安いプランを設定している時期は式場によって違いますので、確認してみましょう。

高い時期と安い時期は費用が数十万円の違いになることもあります。

結婚式が高い 4・5月、10・11月

逆に、春や秋は気候もよく結婚式シーズンとして人気があるので、料金は高い傾向にあります。

6月は梅雨で天候が不安定な時期ですが、花嫁が幸せになると言われる”ジューンブライド”で人気があるので、比較的費用が高いです。

オフシーズンの結婚式の注意点

真夏の結婚式の注意点

結婚式

お盆期間はNG

お盆は帰省や旅行など、何ヶ月も前から予定を入れている人が多く、忙しい人が大半なので基本的にNG。よほどの事情がない限りは避けましょう。

交通アクセスの配慮を

真夏は会場に向かうだけで汗だくになることもありますので、交通アクセスのいい式場や、送迎バスを手配してくれる式場を選ぶなど配慮しましょう。

ガーデン挙式は避けよう

ガーデンを使用した演出も真夏は避けた方が無難です。熱中症のリスクが高まるだけでなく、特に女性のゲストは日焼けや化粧崩れが気になるはず。冷房が効いた屋内での演出を検討しましょう。

真冬の結婚式の注意点

結婚式

雪を想定しておく

冬の結婚式の場合、大雪などで交通機関が乱れ、ゲストが急遽来れなくなってしまう可能性があります。

特に雪の多い地域では駅から近い式場にしたり、送迎のある式場したりと、ゲストが歩かなくて済むよう配慮が必要です。

寒さの配慮をする

寒い中来場してくれるゲストには、カイロやブランケットをお渡しするなどの心配りを。式中もゲストが寒くないか、気を配るようにしましょう。

まだある!結婚式を安くする裏ワザ4つ

オフシーズンを狙う他に、結婚式を安くする裏技をいくつかご紹介します。

オフシーズン同様、結婚式が混みあわない時を選ぶのがポイントです。

(1)挙式までの期間が短い「直前割引」

【男女別】結婚するメリット3

結婚式は1年くらい前に式場を予約する人もいますが、実は結婚式までの期間が短くても予約が取れることがあります。

急なキャンセルなどで式場が空いてしまうことがあるからです。

結婚式までの期間が半年や3ヵ月など短い場合、格安料金に値引きされることもあります。

すぐにでも結婚したいというスピード婚の人にとっても好都合ですね。

(2)仏滅に結婚式を挙げる「仏滅割引」

近年ではあまり気にしない人も増えていますが、仏滅は縁起が悪いと言われているので結婚式を避ける人が多い傾向にあります。

しかし休日の仏滅の日もたくさんあるので、どうにか仏滅の日も結婚式を挙げるために「仏滅割引」を用意している結婚式場も少なくありません。また仏滅は結婚式が少ないため、式場が混み合わないというメリットもあります。

六曜はあくまで迷信。

本人たちが気にならないなら、仏滅の日を選ぶだけで結婚式が安くなるなんて、とってもお得ですよね。

(3)平日に結婚式を挙げる

結婚式は、土日祝日におこなわれることが多いので、平日は割引プランが設定されている式場もあります。土日祝日に比べると平日の方が予約も取りやすく、好きな日を選びやすいというメリットもあります。

ただし平日は仕事がある方も多く、無理に出席をお願いすると非常識と思われるおそれがあるため注意しましょう。

同僚や上司、友人に仕事を休んで結婚式に来てもらうのが気が引ける方は、家族だけの少人数で結婚式を挙げるのもおすすめです。

(4)ナイトウェディング

結婚式場を見学する際に質問・確認しておきたい内容2

ナイトウェディングは夕方から夜にかけて行われるため、昼間に結婚式を挙げた場合に2次会を行う頃の時間帯になります。ゲストの帰り時間も遅くなってしまうため、昼間に比べると人気がありません。

一方で美しい夜景が楽しめたり、ライトやキャンドルを使ったロマンティックな演出が生きたりと、ナイトウェディングならではのメリットも。大人向けのラグジュアリーな結婚式が演出できるはずです。

チェックしておきたい、契約に関する節約のポイントとは?

結婚式費用を賢く節約するため、契約に関する以下のポイントにも注意しましょう。

一年以上前に契約しない

一年以上前の契約は絶対に外したくない日程がある場合や、人気のシーズンを狙う場合には有効ですが、結婚式費用を少しでも抑えたいという方にはおすすめできません。

あまりに予約が早すぎると、式場側が特典や割引をつけていない場合があるためです。

特にオフシーズンは契約を増やすためにフェアや特典が増える傾向にあるので、そのタイミングを見計らって交渉すれば成功率もグッと上がるはずです。

月初より月末の契約がおすすめ

式場を運営する企業によって締め日は異なりますが、多くの場合、月末は式場側の営業ノルマ達成のために値引き交渉が通りやすくなるようです。場合によっては数十万円もの大幅値引きが期待できるケースも。

そのため特に急いでいない場合は、月初より月末の契約を狙ってみるのが断然おすすめです。

上手に結婚式費用を節約しよう

結婚式場の値引き交渉のポイント3

いかがでしたか?結婚式の費用は時期や日時によってさまざまです。

季節やお日柄にこだわらないなら、結婚式の費用を節約できます。

結婚式の費用を安く抑えようとして、料理や引き出物など、ゲストに関わる部分を節約しすぎると残念な結婚式になってしまいますよね。

行う時期をずらすだけで、結婚式の内容は人気シーズンの結婚式と変わらず、大きな節約になります。

ぜひ安い時期の結婚式を狙ってみてはいかがでしょうか。

結婚式に "無駄なお金" をかけたくない!

結婚式の平均費用は約360万円。
でも、格安結婚式のスマ婚なら
平均約200万円!

安さの秘密がわかる「スマ婚カタログ」をもれなく無料でプレゼント!
内訳がわかる【お見積りガイド】付き。

スマ婚パンフレット

-結婚式場探し, 結婚式場探し
-

Click to Hide Advanced Floating Content

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2020 AllRights Reserved.