広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

ウェディングのカタチ 再婚

再婚で失敗しないためにできることとは

投稿日:2018年2月16日 更新日:

再婚で失敗しないためにできることとはtop
「今度こそ必ず幸せになる!」
再婚する人は皆、強くそう願って人生の再スタートを切ります。
しかし中には「こんなはずじゃなかった」と再婚を失敗だと感じる人も少なくありません。

再婚で失敗しないためにできることはあるのでしょうか?
失敗に気づいたケースなどの紹介をまじえて、再婚で失敗しないポイントをまとめてみました。

再婚に失敗したと感じた時はどんな時?

再婚の失敗を認める人の多くは、再婚してから割と早い段階で再婚を「後悔」していることです。
例えば、再婚後すぐに相手に多額の借金があった、再婚相手よりも以前の結婚相手の方がよかったと気づいた、再婚相手がすぐに浮気したなど、その理由は驚くほど単純なものが多いようです。

また、借金ほど深刻ではありませんが、金銭感覚の違いや、親戚づきあいの仕方などで失敗したと感じる人も少なくありません。
他にも、子連れ再婚の場合は子供をかわいがってくれなかった、子供が懐かなかったなどで気づくケースもあります。

事前によく話し合っておけば簡単に解決できる問題も多いため、再婚の失敗にはコミュニケーション不足も一つの大きな原因となっているのでしょう。

再婚で失敗しないためにできることとは1

再婚に失敗してしまう人とは

では再婚に失敗してしまう人にはどのような特徴があるのでしょうか。

例えば何度も離婚と再婚を繰り返す人は、「一度バツがついてしまったら二度も三度も同じ」と開き直り、無理をしてでも婚姻関係を継続するという気持ちが希薄になっているケースがあります。
また、再婚当初から再婚相手に違和感を抱いてしまうタイプの人は、「相手を好きだから再婚する」のではなく、「自分が寂しいから再婚する」「孤独になるのがイヤで再婚する」といったように、結婚そのものに焦っていった場合などもあります。

初婚の場合はそれでも辛抱したり再構築を試みたりしますが、再婚を「後悔」や「失敗」だと感じた人の決断力は早く、すでに一度バツがついているのだからという理由で離婚へ踏み切ります。
そのため再婚者の離婚率は初婚での離婚率よりも高いと言われているのです。

再婚で失敗しないためにできることとは2

再婚で失敗しないためにできることはある?

再婚は失敗するためのものでなく「もう一度幸せになる」ためのものです。
失敗しないためには以下の点に注意する必要があります。

お互いの価値観をよく確認しておく

初婚にも言えることですが価値観の相違による離婚はよくあることです。
相手がどのような価値観を持っているかきちんと話あって確認しましょう。

お金にトラブルがないかを話し合う

借金はもちろん遺産相続などでトラブルを抱えていないか、前の配偶者と離婚する時に慰謝料や養育費は発生しているのか、養育費が発生している場合はきちんと支払っているのか…など、お金のトラブルは未然に防ぐようにしましょう。

子供の心の声に耳を傾ける

親の再婚を素直に喜べない子供はたくさんいます。
表向きは賛成していても心の中では反対しているお子様もいるでしょう。
再婚相手が子供をかわいがってくれる人なのかどうかも含めて、関係性を確認しておくことも重要です。

初婚ほど敷居が高くないため再婚を「失敗」と判断してしまう人は多いですが、実際に再婚して幸せになっている人が多いのも事実です。
自分の足を地につけて相手選びをし、後悔のない幸せな再婚をしてください!

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

-ウェディングのカタチ, 再婚

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2018 AllRights Reserved.