広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

「結婚」と「お金」

結婚式の自己負担額ってどのくらい?結婚式で大事な「お金」のコト

投稿日:2018年3月23日 更新日:

The following two tabs change content below.

大好きな人と結婚することが決まった!一生に一度の結婚式。

でも、結婚式ってお金がかかるイメージですよね。

結婚が決まっても、二人の預貯金だけで結婚式ができるのか心配になる人も多いと思います。

みんな、どうやってお金を工面しているのでしょう?

そして、最終的に支払った自己負担額の平均はどのくらいだったのでしょうか。

ここでは、結婚式にかかるお金についてご紹介していきます。

結婚式ってどのくらいお金がかかる?

「ゼクシィ結婚トレンド調査2016調べ」によると、結婚式(挙式・披露宴・パーティ)の

全国平均の費用総額は、約359.7万円(招待人数は約71.6人)。

結婚式の費用って、何にどのくらいの費用がかかるのか分からない部分も多いですよね。

その内訳の一例をご紹介します。

・料理・飲物:122.9万円

・挙式:31.5万円

・新婦のウェディングドレス:25.9万円

・新婦のカラードレス:23.6万円

・新郎の衣装:16.7万円

・装花:17.4万円

・スナップ写真:22.3万円

・別撮りのスタジオ撮影:15.5万円

・ビデオ・DVD:18.9万円

・引き出物:5400円(1人あたり)

・引菓子:1300円(1人あたり)

結婚式の費用で一番高額なのは、料理・飲物費用。

披露宴の料理で人気なのはフレンチのフルコースです。

会場によっては事前に試食ができるので、二人の納得のいく料理をゲストに楽しんでもらいたいですね。

結婚式の費用は、料理や装花のランク、挙式スタイルやゲストの人数によって大きく前後します。

住んでいるエリアによっても平均額は異なりますが、結婚式の費用は、だいたい300万円以上かかる場合が多いようです。

> 続きを読む 

-「結婚」と「お金」
-, ,

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.