広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

1.5次会

1.5次会だからこだわりたい!一体感のあるコーディネート

投稿日:2018年12月17日 更新日:

The following two tabs change content below.

カジュアルなウェディングスタイルとして、昨今人気になっているのが「1.5次会」
堅苦しくないからウェディングスタイルだからこそ、お二人らしさを存分に散りばめてみませんか?

1.5次会だからこだわりたい!一体感のあるコーディネートをご紹介していきます。

TerriC / Pixabay

カジュアルだからこそお二人らしさを

1.5次会を選ぶ理由は人それぞれですが、
お二人の好きなこと・好きなもの・思い出などを詰め込んだ
「コンセプトウェディング」を実現する人も多いのです!

気心の知れたご友人を中心に1.5次会をされるなら特に
「〇〇ちゃんらしいね!」って言ってもらえると嬉しいですよね。

でも‥好きなものをどんどん詰め込んでいくと‥
なんだか【ごちゃごちゃした】コーディネートになってしまうことも‥

一体感のあるコーディネートでまとめると
より【テーマ性】が伝わり、オシャレな1.5次会になります。

招待状からすべては始まる‥!

1番最初にゲストに届けるアイテムが「招待状」です。

1.5次会で送る招待状は、大きく分けて2種類。
本状を入れた封筒で郵送・または直接手渡す招待状と、メールやWebサイトから送る招待状があります。
どちらの場合でも、「1番最初にゲストに贈るアイテム」であることに変わりはありません。

招待状が届くと嬉しい気持ちになる方も多いはず‥!
その招待状の”デザイン”が、目を引くものだったらどうでしょう。さらに楽しみが増しますね!

さらに、1.5次会の”テーマへの伏線”だったらどうでしょう。

・ハワイで挙式を挙げたから、ハワイテーマの1.5次会にしよう
・クリスマス時期の1.5次会だから、クリスマスパーティも兼ねたい!
・ドライフラワー、ドライフルーツを使ったナチュラルウェディングにしたい
・大好きなキャラクターをテーマにしたい
・音楽を通じて出会った私たち。ゲストも音楽好きばかり!フェスに来た感覚で楽しんでほしい!

テーマに沿ったデザインの招待状を送り、当日ゲストが会場に足を踏み入れた瞬間。
その世界が広がっていたらワクワク感は最高潮になることでしょう。

prodesign481 / Pixabay

一体感のある会場コーディネート

会場の付帯設備も重要なコーディネートの1つですが
新郎新婦が選べるコーディネートアイテム・持ち込みアイテムでお二人らしさを演出することができます。

アイテムで統一感を出す

ウェルカムスペース・ゲストが座るテーブル・お二人が過ごすメインテーブル
大きく分けてこの3か所が、飾り付けをすることができるスペースになり、
「色」「お花」「アイテム」が関わってくるポイントです。

「色」:赤青黄色といった”色そのもの”もそうですが、原色系・淡い色味などの”濃淡”も重要なポイントです。
ハワイテイストにしたいなら、テーブルクロスを「水色」や「青色」に。
フェスをテーマにしたいなら、はっきりとした「原色系」カラーの方がテーマ性がより伝わります。

「お花」:例えば「ハワイ」や「ナチュラル」をテーマにしていて‥
新婦の持つブーケが「赤いバラ」だと、少しアンバランスになってしまいますよね!
会場内の雰囲気を1番ガラっと変えるアイテムが「お花」です。

ただ、すべてが同じお花だと「特別感」も出ないもの‥。
メインテーブルや各テーブルのお花を「水色」でそろえて
新婦のブーケだけ「あえてピンク色」というのも、アイテムを際立たせるポイントです。

「アイテム」:新郎新婦の衣装・ウェルカムスペースに飾るグッズ・皆様のお席に置く「席札」などのペーパーアイテム・ウエディングケーキなど、1.5次会の中には様々なアイテムが登場してきます。

衣装やアイテム、ウエディングケーキ、会場のお花を統一感のあるアイテムで揃えたのに
席札だけ違うテイストだと‥人数分あるアイテムです。
結構、会場内の印象が変わってきてしまいます。

アイテム1つ1つをとっても、統一感を持たせることはとても重要ですね!

congerdesign / Pixabay

いかがでしたでしょうか?
カジュアルなウエディングスタイルだからこそゲストとの距離も近く
お写真撮影を楽しむお時間もたくさんあることでしょう。

「一体感×お二人らしさ」のあるコーディネートで
心に残る1.5次会になることを願っています!参考にしてみてくださいね!

-1.5次会

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.