プログラム・演出 結婚式二次会 結婚式準備

結婚式二次会、ゲストはどう選ぶ?招待メールの文例もご紹介!

投稿日:2019年7月3日 更新日:

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

結婚式の最新トレンド・お得な情報をお届けしています。
結婚式が最高の思い出になるよう、少しでもお手伝いできたら幸いです♡

結婚式を終えた新郎新婦にとって、次なる舞台は結婚式の「二次会」。

二次会は結婚式本番と比べてカジュアルかつリラックスしたムードで進行できることが多く、演出の自由度も高いのが魅力です。

今回はこれから二次会を企画する新郎新婦や幹事の方に向けて、ゲストの選び方や招待メールの文例などをご紹介します。

結婚式二次会ってどんなイベント?

二次会

結婚式の二次会は、そもそも新郎新婦の友人たちがふたりの門出を祝うために催したのがはじまりです。

現在も、新郎新婦の友人が幹事を務め、企画や準備、進行を行うパターンが一般的です。

一方で新郎新婦が友人や仲間に結婚を報告する場でもあるため、企画や準備に新郎新婦が積極的に関わっていくパターンも。

本来結婚式は挙式で結婚を誓い、披露宴で親族や普段お世話になっている方々に結婚のお披露目をする目的があります。

そのため二次会では、結婚式に招待できなかった友人や仲間を中心に招待するのが一般的。

近年では挙式や披露宴にも友人を多く招き、二次会を省く流れも増えてきていますが、いまだ二次会を催す新郎新婦が多数派のよう。

結婚式二次会のゲストの選び方は?

ゲスト

先に述べた通り、結婚式二次会には結婚式に招待できなかった友人や仲間を中心として招待するのが王道パターン。

ただし基本的には、新郎新婦が招きたいと思った人を自由に招いてOKです。

1.親しい友人は結婚式から二次会へ

結婚式に招いた親しい友人は、そのまま二次会にも招待するのがスタンダードです。

結婚式から二次会まで時間が空く場合はその間の過ごし方にも配慮し、相手の負担にならないよう気を配るのがベター。

2.結婚式に招待しきれない友人は二次会から

ゲスト

結婚式にたくさんの友人を招きたくても、会場の収容人数やゲストのバランスなどから諦めざるを得ないことも。

そんな「結婚式に招待したくてもできなかった」友人は、ぜひ二次会に招待しましょう。

3.普段付き合いのない人も

普段から仲が良く交流のある友人や仲間ばかり招待するのもいいですが、昔仲がよかった友だちや、お世話になった先輩など、今付き合いのない人もこの機会に招待してみては?この二次会をきっかけに、また交流が復活するかも!

メールでの招待が主流!どんな文章にする?

はてな

結婚式の招待状といえば厳選した封筒と便せん、カードなど紙でできたものを使用しますが、二次会の招待はメールでの案内が主流となってきています。

予算が抑えられるだけでなく、相手が気軽に返信できる、配達トラブルの心配がない、返信が早いなど、さまざまなメリットがあります。

では、メールで招待状を送る時にはどのような文章を作成すればいいのでしょうか?そこで続いては新郎新婦が送る場合と幹事が送る場合の2パターンに分け、二次会招待メールの具体的な文例をご紹介します。

> 続きを読む 

-プログラム・演出, 結婚式二次会, 結婚式準備

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.