結婚報告・顔合わせ・結納

両家顔合わせって何するの?内容やマナーをチェックしよう

投稿日:2019年8月26日 更新日:

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

結婚式の最新トレンド・お得な情報をお届けしています。
結婚式が最高の思い出になるよう、少しでもお手伝いできたら幸いです♡

それぞれの両親に結婚の承認をもらい結婚式の3~6か月前になったら、親睦を深めるために両家顔合わせの食事会を行います。

顔合わせでは、通常どんなことを行うのかチェックしておきましょう。

結納

顔合わせでは何をするの?

カップル

両家顔合わせの食事会で行う内容は、事前にある程度決めておきます。

親睦を深めるためにカジュアルなお食事会にするのか、

プログラムを作成して儀式的な要素を盛り込むのか

顔合わせのスタイルを決めて、前もって互いの両親に伝えておきましょう。

進行は基本的に新郎か、新郎の父が行います。

カジュアルなお食事会

歓談がメインのお食事会です。

最低限、家族の紹介がきちんとできれば問題ないでしょう。

家族の紹介(新郎の家族から)

歓談 食事

新郎からお礼の言葉

最後の新郎からのお礼の言葉は、顔会わせのお礼とこれからのことを伝えられればいいでしょう。

▼新郎からお礼の言葉 例

「今日 はお集りいただきありがとうございました。おかげで親睦が深められたと思います。これから結婚式に向けてご協力いただくこともあると思いますが、これからどうぞよろしくお願いします。」

プログラムを作る場合

しっかりプログラムを作ってしおりを渡す場合は、だいたいこのようなプログラムになります。

【顔合わせプログラム例】
①始めのあいさつ
②家族の紹介
③婚約指輪のお披露目
④集合写真の撮影
⑤乾杯のあいさつ
⑥歓談 食事
⑦終わりのあいさつ

顔合わせの準備

顔合わせ

いよいよ具体的に顔合わせの準備を進めていきます。

後で両親から不満が出ないように、準備は慎重に進めていきます。

おふたり主導で、細かい部分まで調整をしていくことがポイントです。

日取りを決める

カレンダー

祝いの席なので、日取りは大安・友引が望ましいですが、そこまで気にする必要はありません。

まずはおふたりで希望日を2~3日ピックアップして、互いの両親の予定を確認して決めるとスムーズです。

両家の居住地が離れている場合には、交通費や宿泊費などを考慮して場所を決めます。

遠方から来てもらう場合は、次の日が休日だとついでに観光などできるので喜ばれるでしょう。

場所を決める

一般的に結納では、男性が女性の地元に出向いて行うことが多いですが、顔合わせでは両家の負担を考えて、お互いの中間地点を選んだり、下見も兼ねて結婚式の予定地で行うこともいいでしょう。

お店を決める

料理

顔合わせの会場には、ホテルやレストラン、料亭などがよく利用されます。

予算は一人当たり1万円くらいが相場です。

大切な場なので、スタッフ対応や料理の良し悪しを事前にしっかり確認して、慎重に会場を選びましょう。

周囲の視線や会話が気にならないように、できるだけ個室が望ましいです。

また、予約時には顔合わせの食事会であることを、事前に伝えておくようにしましょう。会場のスタッフも、それに応じた対応をしてくれます。

服装の準備をする

服装

男性はジャケット着用、女性はワンピースなどフォーマルな装いが基本です。

服装は両家でドレスコードを合わせるのがポイント。

一方の家はフォーマルな装いで、もう一方がラフな格好で来るなどすると、気まずい雰囲気でのスタートになってしまいます。

しおりを作成する

プログラムを組んで行う場合は、プログラムやおふたりのプロフィールを書いた「しおり」があるといいでしょう。

最近、顔合わせのしおりを手作りする人が増えています。

無料でダウンロードできるサイトもあるので、好みのしおりを探してみてください。

マネしたい!先輩花嫁の顔合わせの「しおり」10選

支払い方法を確認しておく

最近は、おふたりが支払う場合が多いようです。

おふたりで話し合って支払い方法を確認しておきましょう。

両親が支払いう場合は、基本的には折半です。

ただし、一方だけが遠方から来るなど、金銭的な負担に差がある場合には、それらを考慮して決めていきます。

記念撮影をしよう

家族

どちらの場合も全員で記念撮影をして思い出に残しておくのがおすすめです。
撮影はお店の方に頼めば快く引き受けてくれるはずです。

より親睦を深めるために

親睦を深めるためにこんなことをしても楽しいですね。

・小さい頃の写真や学校のアルバムを見せ合う

・おふたりのプロフィールビデオを流す

・両親にサプライズの記念品を渡す

・婚約届の証人欄に両親のサインをもらう

工夫次第でおふたりらしい、楽しい顔合わせになりそうです。

顔合わせ当日のマナー

全員そろってから会場に入る

当日、おふたりは予約時間の5分前には会場に到着するようにします。

おふたりが家族をエスコートして、会場へ案内をします。

早く着いたからといって、先に入店してしまわないようにしましょう。

座席の座る場所

座席

入口から一番遠い上座に新郎の父親、入口に一番近い席に新婦が座ります。

席次については、出席者や関係性を見て、臨機応変に決めていきます。

新郎か新郎の父が進行する

男性

出席者が全員揃ったら、進行役が挨拶をして食事会を開始します。

進行役は基本的に新郎の父親または、新郎が行います。

事前にどちらが進行するか決めておきましょう。

紹介する順番

おふたりの自己紹介のあと、新郎が自分の父親、母親の紹介をします。

その後、新婦が自分の父親、母親の紹介をします。

紹介されたら、父親・母親も自分の名前や職業などを自分で説明します。

趣味や性格などを交えて、ユーモアを交えて紹介ができれば、和んだ雰囲気で会が進んでいくはずです。

両家紹介は料理が出てくる前に済ましておくとスマートです。

手土産を用意するかどうか

手土産

互いに手土産をもってくるかどうか、事前に決めておきましょう。

もし片方だけ手土産を用意していまうと、用意していない方は気まずい思いをしてしまいます。

用意する場合は、どんな品物かおふたりが確認しておくといいでしょう。

飲みすぎに注意

お酒

どんな時も言えることですが、お酒の飲みすぎには注意しましょう。

緊張して飲みすぎてしまい、酔っぱらったり具合が悪くなってしまったら顔合わせが台無しです。

自分たちだけでなく、両親も飲みすぎないように気を遣いましょう。

避けた方がいい話題

バツ

顔合わせではおふたりの子供のころの話や、これまでの家族の話などの話題が中心となる場合が多いです。

政治や宗教、特に応援しているスポーツのチームなどは話題にしない方が無難です。

出身地の話、将来の夢の話、お互いの趣味の話など、盛り上がりそうな話題を用意していきましょう。

帰宅後にお礼の連絡をしよう

帰宅後は、当日の夜にそれぞれの親へお礼の連絡を入れます。

撮影した写真を同封してお礼状が出せたら、さらにマナー上級者です。

お互いの家族に配慮の気持ちを持って

カップル

両家顔合わせはおふたりが主導で進めていきます。

注意点としては、意思が強い方の家の意見ばかりを取り入れないようにしてください。両家が納得する方法を見つけるようにしましょう。

気を遣うこともたくさんあると思いますが、これから永く付き合っていく両家の、最初の正式な挨拶になるので、おふたりで手を取り合って、助け合いながら準備を進めていってください。

楽しい顔合わせになるといいですね♡

結婚式に " 無駄なお金 ” をかけたくない新郎新婦様へ

結婚式って高いですよね・・・
結婚式の平均費用は約360万円!

でも、格安結婚式のスマ婚なら
約200万円で結婚式が叶います!

今なら、おふたりで無料カウンセリングと会場見学に参加すると
『有名テーマパークチケット』
または
『Amazonギフト券(10,000円分)』
がもらえるキャンペーンを実施中!

気軽に応募してプレゼントをゲットしちゃいましょう♪

プレゼントキャンペーンをチェック!

 

 

二次会記事画像

二次会記事画像

-結婚報告・顔合わせ・結納
-

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.