広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

結婚の知恵袋 結婚準備

知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

投稿日:2017年4月14日 更新日:

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

結婚式の最新トレンド・お得な情報をお届けしています。
結婚式が最高の思い出になるよう、少しでもお手伝いできたら幸いです♡

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。

この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませているのが一般的ですが、両親同士の顔合わせは改めてセッティングする必要があります。いわゆる「両家顔合わせ」です。

しかし、両家が離れたところに住んでいてなかなか日程を合わせられない、忙しくて都合がつかないという理由などで、どうしても両家顔合わせが遅くなってしまうこともあります。

そこで今回は、両家の顔合わせについての注意点をまとめました。

両家顔合わせの必要性


顔合わせは、結婚式や今後の生活などについての具体的な話が直接出来る場であると同時に、これから始まるお付き合いの最初の挨拶の機会でもあります。

結婚は当人同士がすることとはいえ、やはり家同士の結びつきも強くなるものです。

親の立場からしたら、自分の子供が結婚するとなったときには相手のことだけではなく相手の両親のことも知っておきたいものですよね。

また、女性が結婚する場合、多くは相手方の家に入るという形で新たな姓を名乗ることになるわけですから、娘を持つ両親は特に相手の家や両親の事をよく知りたいと思っているはず。

結婚してからも両家ともに円滑な家族付き合いをしていくために、入籍前の顔合わせは必須です。

基本は入籍3ヶ月前までに顔合わせの機会を。親戚は入籍後でも大丈夫

顔合わせは基本的に入籍前に行うものですが、入籍や結婚式の準備時期に入ってしまうと、スケジュールを空けることが難しくなってしまいます。

入籍の半年前~3ヶ月前までに顔合わせ出来るのがベストですので、早めに両方の親に顔合わせがしたい旨を話しておきましょう。

結納の代わりに顔合わせをして済ませるという人も増えているように、顔合わせはこれから家族になる人と会って挨拶をしたり、人となりを知ったりする機会でもあるからです。

顔合わせは、結婚するふたりと、お互いの両親同士が出席するという場を設けるのが一般的です。

そのため、兄弟や親戚は結婚式まで相手の家の人と会わないということは珍しくありません。

兄弟や親戚の紹介や顔合わせは、入籍後でも構わないと考えて良いでしょう。

忙しくて入籍後に顔合わせになるときの注意点

 

顔合わせ

 

そうはいっても、どうしても都合がつかずに入籍後の顔合わせになってしまうこともあるかもしれません。

そのときは両家に溝ができないよう、新郎新婦がしっかりと気を回しておくことが大切です。

両親は当事者以上に形式を重視するものです。

自分の大切な子供が相手の両親から悪く思われないようにと気を遣ったり、相手の両親が自分の子供をちゃんと大切に思ってくれているか見極めたりしています。

入籍まで相手の家族の顔が見えないと不安になってしまいますので、顔合わせが入籍前にできないときには、両親が相手の家に対して不信感を抱かないように、誤解を招くような発言や行動には特に慎重になりましょう。

例えば「顔合わせは必要ないのでは?」と彼に言われたとき、これが彼の両親の意向ではなかったとしても、自分の両親に「彼の家族は顔合わせは必要ないと思っているみたい」と伝えてしまったとしましょう。

すると、自分の両親は「向こうの親は自分の娘を大切に思ってくれていない」と誤解して受け止めてしまうかもしれません。

顔合わせまでに両家の間に溝ができてしまわないよう、慎重に対応するに越したことはありません。

両家の顔合わせは、せめて両親同士だけでも入籍前に行うことをおすすめします。

もしも事情があって入籍が先立つときは、両家の溝ができてしまわないように発言や行動にはいつも以上に気をつけたほうがいいかもしれません。

顔合わせ時は「結婚式」の話の準備をしておきましょう

ご両家の顔合わせ時は、決まって「結婚式はいつにする?」などの話は出てくるものです。

ご両家が揃っている場で、ある程度の日取りや場所、両家それぞれが考えている結婚式に対するイメージなどをすり合わせしておくと、後々のトラブルを回避することができます。

結婚式の主役は新郎新婦の二人ですが、親族にとっても一大イベントであることを忘れてはいけません。

顔合わせまでに細かく決めておく必要はありませんが、大まかに「こんな会場でしようと思っている」「場所はこのあたり」くらいは話題として二人が持っておいたほうが良いでしょう。

この時に役立つのが、結婚式場などのパンフレットです。パンフレットを見せながら、両家親族と話をすることで、親族もイメージがしやすくなります。

各会場すべてのパンフレットを持ち歩くとなると大変なので、たくさんの会場を一挙に紹介している「スマ婚の無料パンフレット」がオススメ!

結婚式のイメージ写真や、会場の紹介写真など必要情報が掲載されています。この1冊があると何かと役立つこと間違いなしです。

顔合わせについてのまとめ

■入籍の半年~3ヶ月前までに機会を設ける

■結婚するふたりと、それぞれの両親に参加してもらう

■どうしても都合が付かず入籍後の顔合わせになってしまう場合はフォローを忘れずに

■今後の生活についての話や、結婚式について聞かれたとき答えられるようにしておく

 

顔合わせは、両家の親同士が初めて会う機会になりますが、基本的にはおめでたい席ですので、自然と話も弾むはず。

当日は、きっとご両親も主役の二人以上に緊張しているかと思いますので、フォローや気遣いが出来るようにリラックスして当日を迎えましょう。

 

結婚式費用でお悩みの新郎新婦様へ

結婚式って高いですよね。

ついつい一生に一度の結婚式に多くの費用をかけてしまい、結婚式後の生活費が無くなってしまった……なんて方も少なくありません。

結婚式も大切だけど、結婚式後の結婚生活もとても大事。

だからこそ「費用をおさえて結婚式をする」ことが重要になります。

結婚式に無駄なお金を使いたくない方必見!「スマ婚」をご存知ですか?

「スマ婚」はムダな部分をばっさりカットしてシンプルにすることで、その分こだわりたい部分に予算を配分できる新しい結婚式です。

結婚式後の生活費を圧迫せずに、理想の結婚式が叶います。

ブライダルフェアに参加すると、有名テーマパークチケット or Amazonギフト券(10,000円分)がもらえる!

スマ婚


なんと!

今なら新郎新婦そろってブライダルフェアに参加すると、有名テーマパークのペアチケットがもらえちゃいます!
条件を確認して、スマ婚ショールームへ行ってみましょう。
有名テーマパークチケット or Amazonギフト券キャンペーン

スマ婚で無料カウンセリングを受けると「カラードレス1着レンタル」無料プレゼント!


さらに!

無料カウンセリングでカラードレス1着レンタル無料!

って信じられないですね!

こちらも条件を確認の上スマ婚ショールームへ。
カラードレス1着レンタル無料

スマ婚では、この先おふたりの将来を見越して結婚式を提案しています。

結婚式がどんなに素晴らしくても、その後の生活が圧迫されてしまっては、せっかくの結婚式が台無しです。

そうならないために、無理なく、クオリティーを下げることなくできる結婚式をしませんか? 

お近くのスマ婚ショールームにぜひお立ち寄りください!

-結婚の知恵袋, 結婚準備
-, ,

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.