結婚挨拶・報告、顔合わせ

【イラスト付き】両家顔合わせで失敗しない服装とは?女性・男性・両親編

投稿日:2019年6月28日 更新日:

結婚する前には両家で顔合わせの食事会をするのが一般的です。

両家顔合わせではどんな服装で参加すればいいのでしょうか?

今回は、男性、女性、両親の服装についてご説明いたします。

 

女性

顔合わせの印象は服装で決まる⁉

カップル 疑問

すでにお互いの両親に会ったことがあっても、入籍前の大切な行事である顔合わせでいい印象を残したいですよね。
服装がマナー違反だったり、不釣り合いだと恥ずかしい思いをしてしまいます。

両家で服装の「格」をそろえよう

服装を選ぶ時の注意点としては、両家で服装の「格」を合わせるようにしましょう。

男性側が普段着のようなラフな服装を着ているのに、女性側が着物を着ているとあまりにも格差がありすぎて、変な雰囲気になってしまいます。

服装を決める場合は、事前に家族で話し合い、婚約者の2人がお互いの間を取り持って、服装の格を揃えるようにしましょう。

お店の雰囲気に合わせよう

和室

服装は会場によっても変わってきます。

会場がホテルや高級料亭なのにラフな洋服を着ていったり、逆に、カジュアルなレストランなのに全員が着物で行ってしまうと、会場から浮いてしまうことになります。

両家の格を合わせ、なおかつ、会場の雰囲気に合った服装を選ぶようにしましょう。

顔合わせの間違いない服装

両家顔合わせで一番選ばれている服装は、男性はスーツ。女性はワンピース。

これなら、どんな会場にも合って間違いありません。

男性の服装

服装

髪型

清潔感のある髪型を心がけて。事前に美容院に行っておくといいですね。

スーツの色

ブラック、紺、グレーなど濃い色の無地のスーツ。

シャツ

白のYシャツ。アイロンをかけるのを忘れずに。

ネクタイ

派手すぎない柄・色。

靴下

ブラックや紺などの濃い色。白い靴下は避けましょう。
ゴムがのびていたり、穴が開いていないかチェックして。
顔合わせはお座敷で靴を脱ぐことも多いので、靴下も見られるので注意して。

スーツに合う革靴。磨いておくことを忘れずに。

女性の服装

服装

髪型

派手すぎない髪色と髪型。

アクセサリー

パールなど上品なものを選びましょう。

ワンピース

色は淡いピンクやイエロー、ベージュなどの明るい色、または、ブラックや紺、ブラウンの落ち着いた色がおすすめ。
派手すぎる色や柄は避けましょう。花柄なら大きな柄は派手に見えがちなので、小さな柄を選んで。
スカート丈は定番のひざ丈がいいでしょう。
露出は控えたいので、ノースリーブの場合はジャケットやボレロを羽織りましょう。

足元・靴

素足ではなく必ずストッキングを履いて。
靴はヒールが高すぎないパンプスを選びましょう。
ワンピースと色見を合わせるとおしゃれです。

バッグ

小ぶりのハンドバッグがベスト。
高価すぎるブランドものは避けましょう。

女性の着物

着物

着物

 

着物を着る場合は、訪問着か色留袖、振袖が一般的です。
会場に着物で行ってもおかしくないか、確認しておきましょう。
着物を着る場合は、前もってお互いの両親に着物を着ていくことを伝えておきましょう。

両親の服装

 

両親の服装も婚約者に合わせて、両親も同じくスーツとワンピースのような洋装にするのが一般的です。
結婚する女性が着物の場合は、母親もおなじように着物を着てもOKです。

服装

兄弟・姉妹

兄弟姉妹が顔合わせに参加する場合もあります。
兄弟・姉妹の場合は、男性ならスーツ、女性ならワンピースやスーツでいいでしょう。
ここで気を付けたいのが、婚約者の2人より派手な服装にならないことです。
主役はあくまでも婚約者2人なので、少し控えめな色を選ぶようにしましょう。
また、兄弟姉妹が学生の場合は制服でOKです。

いかがでしたか?

両家顔合わせの時の服装をご紹介しました。
ふさわしい洋服を準備して、顔合わせに備えてくださいね。

結婚式に "無駄なお金" をかけたくない!

結婚式の平均費用は約354.9万円。
でも、格安結婚式のスマ婚なら
平均約207.9万円!

安さの秘密がわかる「スマ婚ガイドブック」をもれなく無料でプレゼント!
おふたりの理想の結婚式を見つける診断チャート付き。

スマ婚

-結婚挨拶・報告、顔合わせ
-,

Click to Hide Advanced Floating Content

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2020 AllRights Reserved.