結婚式の費用

兄弟姉妹の結婚式。ご祝儀はいくら包む?いつ渡す?

投稿日:2019年8月8日 更新日:

兄弟や姉妹が結婚することは、家族にとっても大変喜ばしいこと。

しかし、兄弟や姉妹の結婚に対してご祝儀を包むべきなのか、包むとしたら相場はいくらくらいなのか、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、兄弟や姉妹が結婚する場合のご祝儀について、詳しくご紹介します。

兄弟や姉妹の結婚にご祝儀は必要?

結論から言うと、基本的には一般的な結婚式と同じく、兄弟や姉妹の結婚式に対してもご祝儀を包む必要があります。

ただし包む側がまだ若く学生であったり、両親と同居していたりする場合、引き出物は両親とまとめて一つとなることも。その場合はご祝儀を包まなくてもOKです。

兄弟・姉妹へのご祝儀の相場

では兄弟・姉妹にご祝儀を包む場合、相場はいくらくらいなのでしょうか。

平成29年に集計された「全日本冠婚葬祭互助協会(全互協)」の調査では、兄弟・姉妹に包むご祝儀の金額について次のような結果が出ています。

10万円以上:22.7%

7万円:1.6%

5万円:38.4%

3万円:22.1%

その他:15.2%

全日本冠婚葬祭互助協会/祝儀(結婚祝い)等に関するアンケート調査(平成29年度)

最も多かった回答が「5万円」、次いで「10万円以上」、「3万円」と続きます。

この結果から、兄弟・姉妹に包むご祝儀の相場は「5~10万円」程度であると言えそうです。

兄弟・姉妹との関係性や環境によっても異なる

相場をさらに細かく分けた場合、新郎新婦より上の兄弟か下の兄弟かや、ご祝儀を包む側が未婚か既婚かによっても異なります。

新郎新婦が弟や妹であった場合、兄・姉として相場の中でも多めに、場合によっては相場より多く包むケースも少なくありません。

反対に兄・姉が結婚する際は、包む側がまだ社会人になりたてであったり、兄弟で年齢が大きく離れていたりする場合、相場より少ない金額でも問題ないとされることがあります。

また、包む側が未婚である場合には、ご祝儀の金額は「5万円」が目安です。

既婚の場合は個人で招待される場合と夫婦で招待される場合がありますが、夫婦で招待され、なおかつ子供が小学生~高校生ほどで大人と同じ食事の用意が必要となる場合、3人分の席代・食事代を考慮して10万円ほど包むケースが多いようです。

地域や家族によって独自の慣習がある場合も

お金

一般的な相場以外に、地域や家族ごとの慣習や決まりごとがある場合もあります。

たとえば兄弟・姉妹の中で最初の結婚式のとき、あらかじめ話し合いをして「兄弟・姉妹でのご祝儀はなし」という取り決めをしていたなど、家族内でご祝儀に関する決まりごとがあるケースも少なくありません。その場合はその内容に従いましょう。

そういった決まりごとや慣習を把握していない場合、自分で判断する前に一度両親や親戚に確認しておくのがおすすめ。地域によってはご祝儀の相場自体が大きく異なる場合もあるので、注意が必要です。

ご祝儀はなくても、プレゼントでお祝いの気持ちを表現して

「家族内でご祝儀は包まないという決まりごとがあるけど、お祝いの気持ちは何か形にしたい」というときは、何かプレゼントを用意してはいかがでしょうか。

いくら決まりごとがあったとしても、お祝いが何もないというのはお互いに寂しいもの。兄弟・姉妹にあらかじめほしいものを聞いておいたり、サプライズで用意したりと、記念になるものをプレゼントすれば喜ばれること間違いなしです。

兄弟・姉妹の結婚式でご祝儀を渡すタイミングは?

 

一般的に、結婚式のご祝儀は結婚式の当日に受付で手渡しします。

しかし兄弟・姉妹の結婚式となると、ゲストではなく招待する側という立場になるため、前もって直接手渡ししておくのがベター

遠方の場合や何らかの理由で直接渡せない場合でも、現金書留などで前もって送っておくと良いでしょう。

プレゼントを渡す場合も当日渡すと荷物になってしまうため、必ずご祝儀とあわせて前もって渡すようにしましょう。

「ご祝儀」はそこにこめられた気持ちが大事

結婚式のご祝儀は、結ばれるふたりへの祝福の気持ちをささやかな形にした証。大切なのは、やはりふたりを祝福する気持ちです。

ましてや結婚するのが自分の兄弟・姉妹ともなれば、その気持ちはさらに大きくなるものです。兄弟や姉妹といえば、時にはけんかもしつつ、長年ずっと一緒に育った最も近しい家族。そんな家族の結婚は、自分のことのようにうれしいものですよね。

ご祝儀の金額を増やすことも形としては重要ではありますが、それ以上に大事なのは心からの祝福の気持ちやお祝いの言葉。

自分に置き換えて、ふたりの新しい門出に心からの祝福の気持ちを贈りましょう。

「家族なのに」「ゲストを招待する側なのに」等、ご祝儀を包むことに釈然としない方もいるかもしれませんが、そこはお祝いごと。一般的な慣習や家族独自の決まりごとに則り、お互いに納得したうえで気持ちよく結婚式を楽しみたいですね。

結婚式に "無駄なお金" をかけたくない!

結婚式の平均費用は約360万円。
でも、格安結婚式のスマ婚なら
平均約200万円!

安さの秘密がわかる「スマ婚カタログ」をもれなく無料でプレゼント!
結婚式の内訳がわかる【お見積りガイド】付き。

スマ婚パンフレット

-結婚式の費用
-,

Click to Hide Advanced Floating Content

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.