結婚式準備

兄弟姉妹の結婚式に参列する時に好ましい服装【男女別】

投稿日:2017年2月8日 更新日:

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

結婚式の最新トレンド・お得な情報をお届けしています。
結婚式が最高の思い出になるよう、少しでもお手伝いできたら幸いです♡

兄弟姉妹の結婚が決まると、自分のことのようにうれしいものですよね。
当日の服装にもいっそう気合が入るものです。
しかし、兄弟姉妹の式に参列することは、友人の式に参列することと異なるということを忘れてはいませんか?
そう、当日は式のゲストではなく、ホスト側の立場になるということを。したがって、式では多くの参列者から見られる立場になります。そんなときの服装は、いったいどうしたらいいのでしょうか。

そこで今回は、式に華を添え、なおかつ良識のある服装とはいったいどのようなものなのかを、男女それぞれ未婚者と既婚者の場合に分けて紹介していきたいと思います。

男性編

男性は未婚者も既婚者も礼服を着るのが一番良いでしょう。礼服は、冠婚葬祭における正式な装いです。大学入学時や就職時など、またスーツを購入するときに一緒に購入しておくと便利です。
結婚式における礼服の着こなしのポイントは、明るい色や柄のネクタイやポケットチーフで華やかな印象に仕上げることです。そうはいえども、ネクタイは白地に柄が入っているものか、淡いグレー程度にしておきましょう。また、学生などの場合は、礼服ではないブラックスーツでも良いでしょう。ネクタイはもちろん前述の通りが好ましいです。

女性編

女性は洋装にするか和装にするかという選択肢があります。

洋装の場合

洋装の場合、未婚者も既婚者もそう変わりません。背中や胸が大きく開いているものや、ミニ丈のもの、素足にミュールやサンダルを避けていれば問題はありません。もちろん、新婦のウェディングドレスを想起させる白いものは絶対にNGです。冬の式の場合、防寒対策としてファーがあしらわれたボレロを着たり、黒いストッキングを履いたりする人もいますが、殺生を連想させる動物の毛(ファー)は式の場にはふさわしくありません。黒いストッキングも、二次会の場ならばよいですが、昼間の式や披露宴には適さない格好であることも念頭にいれておくといいでしょう。

和装の場合(未婚女性)

和装の場合は、未婚者と既婚者では着る着物の種類が異なるので注意が必要です。
未婚者であれば振袖を着ます。振袖は未婚女性の正装です。
振袖の着こなしのポイントは、無難に着ることです。成人式では、好みのファッションを取り入れた様々な着こなしが流行していますが、結婚式ではおしとやかに着こなしましょう。色も、赤やピンク、黄色などの明るくてかわいらしい色を選ぶようにするとよいでしょう。

和装の場合(既婚女性)

最後に既婚女性の和装です。既婚者であれば、留袖を着ます。未婚女性の振袖がそうであるように留袖もまた、既婚女性の最も拡張高い礼装です。留袖にも種類があり、黒留袖と、淡いピンクや黄色などの色留袖があります。正式にいうと、色留袖は五つ紋であれば黒留袖と同格ですが、三つ紋や一つ紋だと準礼装になります。したがって、黒留袖もしくは五つ紋の色留袖が良いでしょう。
留袖は親族の式に参列する際に着るものです。友人や知人の式には訪問着を着るということもあわせて知っておきましょう。

今まで述べてきたことは、親族の式だけでなく会社の同僚や友人の式にも使えますのでぜひ応用してください。
事前にしっかり準備して、兄弟姉妹の結婚式を盛大にお祝いしてあげましょう。

-結婚式準備
-, ,

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.