恋愛 恋愛・美容

そろそろ彼と暮らしたいなら「同棲」する前に「週末同棲」がおすすめ

投稿日:2017年10月10日 更新日:

付き合いが長くなると、一緒に暮らしたい気持ちが高まってきますよね。

でもいざ同棲を始めてみて、生活スタイルが合わなかった……なんてことも。

まずはお試しも兼ねて、週末同棲から始めてみてはいかがでしょう?

最初は二日間からスタート

彼もあなたも土日がお休みだと仮定して、最初は週末の二日間だけスタートし、しばらくは様子を見ながら、少しずつ日数を増やしていきましょう。

たとえば、土日に設定しなくても金曜日から土曜日にかけて一緒に過ごし、残りの一日は一人で過ごす時間、と決めるのもメリハリがついて過ごしやすいかもしれません。最初から完璧な同棲生活を目指すと、どうしても疲れてしまいがちです。

お金のことでもめないように

週末同棲とはいえ、いずれは同棲することが前提となっているなら、お金のことで揉めないようによく話し合っておきましょう。

たとえば、二日間過ごす間の食費はどうするのか?例えば、

・スーパーの買い物は彼女(泊まる家の方)が払う

・外食は彼氏が払う

など。

「週末同棲を始めてから、私にばかり負担がかかっている……」といった小さな不満が別れの原因にもなりますので、どちらかだけが一方的に負担を担うことだけは、避けましょう。

週末同棲から同棲へ切り替えるタイミングは?

大切なのは、週末同棲から本格的な同棲へと切り替えるタイミングです。

事前に期限を話し合わないまま、週末同棲だけをスタートさせて時間だけが過ぎていくのは危険です。

また同棲まで達しても、今度は「結婚生活」が待っています。

先々の予定までよく考えたうえで、どの時点で本格的な同棲へと切り替えるかを話し合っておきましょう。

たとえば「半年が過ぎたら」「お互いの誕生日を過ぎたら」など、一つだけでも方針をつくると、お互いに楽に過ごせるでしょう。

婚約・入籍までの流れまで決めておく

できれば週末同棲をスタートさせる時点で婚約・入籍までの予定まで決めておきましょう。

必ずその通りに進めていく必要はありませんが、大まかな目安とスケジュールを作成し、二人の間で共有しておくのです。

たとえば週末同棲をスタートさせてから、あまり時間をかけずに婚約・入籍へと進めたいなら、週末同棲をしている間に両親への挨拶を済ませ、食事会を開き、婚約・結納をしていく必要があります。

お互いの家族の事情も考えながら、週末同棲を含め、先々の予定を細分化しておきましょう。

 

いかがでしたか? 大人二人が週末同棲を始める以上は、ダラダラとスタートさせるのではなく、婚約・入籍を前提とした同棲であることをよく認識しておかなければいけません。ワンステップずつ、階段を着実に上っていけるように、時間があるうちに彼とよく話し合いをしておくといいかも♡

-恋愛, 恋愛・美容
-

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2022 AllRights Reserved.