広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

ウェディング用語集

結婚式のあれコレなんだっけ?知っておきたい知識【準備編】

投稿日:2019年4月5日 更新日:

The following two tabs change content below.

結婚式の準備は、誰もが慣れていないこと。

準備をスムーズに進めるために知っておきたい知識【準備編】」をご紹介していきます。

rawpixel / Pixabay

招待状

列席してほしい方々に、挙式の2~3か月前に発送するのが「招待状」です。

  • 本状
  • 返信用ハガキ
  • (必要な方に)付箋

を封筒に入れて郵送します。

本状には、「あいさつ文」「結婚式の日程」「式場の場所」「来館時間」「返信期日」などを記入。

返信用ハガキには、「出欠確認欄」「アレルギーや苦手な食材の記入欄」「返送先の住所・名前」を書いておきます。切手を貼ることをお忘れなく!

付箋は、必要な方に同封します。付箋を同封するのは「何か役割をお願いした方」や「通常の来館時間と異なる時間に、来館をお願いする方」です。

異なる時間に来館する方の例は、受付係や親族ですね!列席者の来館時間は式場によって異なるので、プランナーに確認しておきましょう!

基本的に招待状は、列席してほしい人全員に送ります。

夫婦・家族は1つの封筒に纏めて、連名で発送でOKです。

作成には時間がかかるので、なるべく早めにとりかかりましょう。

芳名帳(ゲストブック)

列席者全員に、住所・お名前を記入してもらう帳面のこと。

当日、受付に置くのが一般的ですが、最近では招待状に「芳名カード」を同封する人も増えています。

同封するメリットは、当日の受付が混まないこと。

持ってくるのを忘れてしまう人もいるので、予備のカードを受付に置いておくとGoodです!

芳名帳を用意する理由としては、結婚式に列席してくれた方たちの情報を、1つの帳面に纏められるからです。

結婚式を挙げた年の年末には、結婚式のお礼を兼ねて年賀状を送る人も多いです。

一覧になっていると、年賀状を作成する際に便利ですね。

お車代

遠方から参加してもらう人に渡すのが「お車代」。

交通費の半額~全額。または、宿泊代を渡すのが一般的です。

比較的に渡す人数が多くなるので、受付係から渡してもらうことが多いです。
両親から渡してもらうのもOKですが、両親も当日はやることが多いので、負担になってしまうかもしれません。

お車代は「数千円」であることが多いので、大袈裟な封筒よりは「ポチ袋」がオススメ!

お札は表側が正面になるようにして、正面から見て右側が上にくるように3つ折りにしましょう。入らない場合は4つ折りでもOKです。

お礼

「祝辞」「乾杯のご発声」「スピーチ」「余興」「受付係」などをお願いした方に渡すのが「お礼」です。

金額の相場は、祝辞・乾杯のご発声をいただく上司には、10000円程度。
スピーチ・余興・受付係を担当いただく方には、3000円~5000円程度です。

友人には、「お金」ではなく「品物」でお返しをする方も増えています。

祝辞や乾杯のご発声をいただいた方に渡すのは、お札を曲げずに入れられる「祝儀袋」を用意しましょう。
水引は10本の結び切り、のしつきが正式ですが、のしが印刷された「略式の祝儀袋」を使う方もいます。

内祝い

元々の意味とは変わり‥現代では「結婚のお祝いをいただいた方へのお返し」という意味になっています。

結婚式に列席いただく方は、祝儀を当日いただき、お料理や引出物でお返しをするので「内祝い」は不要です。

「内祝い」を渡す場合の例は、

  • 招待せずに(招待したが参加できなかったも含む)お祝いだけもらった
  • 列席いただいたが、祝儀が想像より多くお返しが不充分だった など。

金額の相場は、お祝いの3分の1~半額程度になりますが、何十万とご祝儀をいただいた場合に半額返しをすると、返って失礼思われてしまうこともあります。

親族の場合は、両親と相談して決めると安心です。

席次表(上座・下座)

席次表は、受付で渡す「披露宴会場のお席を記した案内状」です。

配席を考えたり、肩書きを調べるのに意外と時間がかかります。
招待状を発送したら作成を進め、招待状の返信があったら修正していくのがオススメ!

披露宴会場にも「上座」「下座」があるので、配席には注意しましょう。

各テーブルの上座・下座は、新郎新婦に近い「前方」「中央寄り」が上座。
新郎新婦から遠い「後方」「壁側」が下座になります。

12卓の例を書いておきますね!
※正面に向かって、左側が新郎側。右側が新婦側になります。

新郎 新婦

② ① ① ②
④ ③ ③ ④
⑥ ⑤ ⑤ ⑥

テーブルの中にも「上座」「下座」があり、テーブルと同様「新郎新婦に近い席」が「上座」になります。

ちなみに‥一般的なマナーとして、「お勤め先⇒友人⇒親族⇒家族」の順番で上座から配席していきます。
後方から前方にかけて、新郎新婦が出会った順番に並ぶイメージになりますね!

列席者の中で1番「上座」に配席をするのは、「お勤め先の1番役職が高いご上司」。1番「下座」に配席するのは、両親が揃っていれば「母親」になります。

ただ、「ゲストが過ごしやすい」ことが1番ですので、仲の良い方は隣同士にしてあげる方がGOODです!

メニュー表

コース料理のメニュー名を記載し、列席者それぞれのテーブルに置いておくのが「メニュー表」です。

メニュー表は、席次表の中に印刷される方もいます。その場合は、席次表を1人1部(お子さま以外)用意することをオススメします。(席次表は「大人1人1部」or「世帯に1部」でお渡しします。)

メニュー表は用意されない方もいますが、「何を食べているのか」わかった方が、より美味しく感じるものです!

席札(名前札)

席次表があっても、お席には「席札」を用意します。お客様のお名前を書いた、案内札のことです。

定番はカードタイプで、山折りにして置きます。

カードを切れ目の入ったコルクに挟んだり、名前をプリントしたロゼッタを席札として置かれる方も!

カードタイプのときは、裏にメッセージを書いてあげるとゲストへの感謝の想いが伝わります。

 引出物

現代では「お祝いのお返し」として贈られる「引出物」。元々は「披露宴でのお土産」という意味だったそうです。

引出物は地域差がありますので、両親やプランナーと相談して決めるのがオススメです。

よく言われるマナーは、「縁起物を入れる」「品物を奇数にする」など。

最近ではマナーを気にされない方も増えていますが、引出物は人によって「贈り分け」ができますので、目上の方やご年長の方にはマナーを守って贈る方が無難ですね!

ウェルカムグッズ

受付や披露宴会場に飾るグッズのことを「ウェルカムグッズ」「ウェルカムアイテム」などと呼びます。

有名なのは「ウェルカムボード」や「ウェルカムドール」ですね!

受付は、1番最初に「新郎新婦らしさ」を感じる場所。

結婚式のテーマが伝わるような飾りものを用意されるとGOODです!

待合スペースで過ごす時間も、楽しく感じてもらえるように‥

親族の控え室には、幼い頃のアルバム。
来賓友人の控室には、学生時代の写真や新郎新婦の写真を飾りましょう!

スピーチのカンペ

新郎新婦が想いを伝える場面は、通常2回あります。
多くは新郎が喋りますが「ウェルカムスピーチ」と「お礼の挨拶」です。

人前で喋るのが得意!自信がある!!という方以外は、きちんと話すことを纏めておいた方が良いです。

お守りとして、カンペを用意しておくのもオススメ◎

見なかったとしても「カンペがある!」という安心感によって、緊張せずに結婚式が楽しめるかも!

「ウェルカムスピーチ」は、約1分程度。
来てくれたことへの感謝の想いと、今日1日楽しんでください!という想いが伝わればOKです。

「お礼の挨拶」は、約3分程度に纏めておきましょう。全てのゲストに向けて、感謝の想いを述べる時間です。

ネット上にはテンプレートも多く載っていますが、できれば丸パクリではなく「参考」にして、「自分の言葉」に言い換えましょう!

花嫁の手紙

結婚式のクライマックスで、花嫁が両親に向けて読むのが「花嫁の手紙」。

あまり早くに書きすぎると、伝えたい想いが変わってしまうかも‥!?

とはいえ、前日に書くと‥
目が腫れてしまうかもしれないので、3日~1週間前に書くのがオススメです。

平均は便箋2~3枚程度になりますが、長さはとくに気にせず自分の想いを書き記しましょう。

両親だけでなく、兄弟や祖父母宛ての内容が入っていてもOKです。

まとめ

結婚式の準備は、意外とやることが多いです。

いつまでに何をやるか。しっかりと纏めておきましょう。

TeroVesalainen / Pixabay

 

「いつまでに」はとくに重要!

例えば、招待状。

発送が遅いとゲストにも迷惑がかかりますし、最終的に「人数」が確定しないと「席次表」「席札」も作れないし、「見積書」も確定しません。

後々のことを考えて、早めに手を付けた方が良いもの・結婚式数日前までに整っていれば良いものを見極めて、段取りよく進めることがポイントです。

手をつける順番を間違えてしまうと、結婚式直前までバタバタしてしまうかも!?

ですが!逆を言えば、順番さえ間違えなければ、そこまで大変ではありません。

何から順番に進めれば良いかは、プランナーが都度教えてくれますので、焦らず1つ1つ準備を進めていきましょう! 

-ウェディング用語集
-,

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.