結婚式場探し

結婚式をあきらめたくない人へ。コロナ禍の結婚式のやり方・時期や心構え

投稿日:

結婚式は一生に一度のおふたりにとって特別な日。
コロナ禍でも結婚式を簡単にはあきらめたくないですよね。
今回は、これから結婚式選びを始める方にむけて、コロナ禍の結婚式のやり方と、準備期間を楽しく過ごすための心構えをご紹介します。
これを読めば、前向きに結婚式の準備をスタートできると思いますのでぜひ参考にしてくださいね。

結婚準備について知りたい方に!
\ スマ婚のダンドリ相談会でお悩み解決 /

スマ婚 結婚式 相談

コロナ禍でも結婚式ってやっていいの?

コロナ禍でも結婚式を挙げることは制限されていません。2021年1月の緊急事態宣言の対象エリアの式場では20時以降にかかる結婚式に関しては時間を繰り上げる対策がとられています。
各式場がBIA(公益社団法人日本ブライダル文化振興協会)の定めたガイドラインを元に感染対策をして、結婚式を行っています。

時期はいつがいい?

結婚式の時期について、今までは気候の良さが大きなポイントでしたが、今後はウィルス感染のリスクが高い時期かどうかも大きなポイントになるでしょう。

気温が低く空気が乾燥するとウィルスによる感染症が流行するといわれています。
インフルエンザなどは12月から3月あたりが流行期。
アフターコロナの結婚式ではその期間を避けた、ウィルスの感染リスクが低く気候も安定している秋の早めの時期や、5月ごろが特に人気になりそうです。
また、夏の結婚式も例年より検討する人が増えるのではないでしょうか。

ゲスト人数は少ない方がいい?

ハナユメが行った、コロナ禍の2020年4月~8月に結婚式を挙げた人へのアンケートによるとゲスト数の平均招待人数は67.3人。(出典元:ハナユメ結婚式準備ガイド
これは例年と同じくらいの人数です。

一方で、少人数の結婚式を検討する人も増え、式場も家族だけや少人数のプランを多く展開しています。

通常規模の人数を招待するか、少人数でやるかはその地域の感染人数やそれぞれの考え方によって分かれるので、おふたりと親御さんで話し合って決めるのがいいでしょう。

今までの結婚式では、場合によって人数合わせや義理でゲストを招待することがありましたが、そういったことはなくなり、本当に呼びたい人だけを招待して人数に合わせた演出や工夫をするのが当たり前になりそうです。

ゲストの招待について

ゲストへの気遣いも今までの結婚式以上に大切です。
招待状には会場で行う感染対策や、無理をしないでほしいということを必ず書きましょう。
また、コロナの感染状況によっては、返事をいただいた後に再度出欠を確認すると親切です。
延期や中止になった場合も、速やかに連絡しましょう。

結婚式の探し方

やみくもに何件も会場見学をすることは避けたいと考える人が多いはず。

自分たちに合う結婚式場を効率よく探すには、まず結婚式紹介サービスを利用して自分たちに合う結婚式場を紹介してもらった後、1,2件会場を見学して決定する、という流れがおすすめ。

紹介サービスはどこもリモートでの打ち合わせが可能です。料金も無料なので、気軽に結婚式について相談してみましょう。

▶結婚式場?結婚式紹介サービス?最初に結婚式の相談をするべき場所はココ!

結婚準備について知りたい方に!
\ スマ婚のダンドリ相談会でお悩み解決 /

スマ婚 結婚式 相談

会場の選び方

披露宴会場はソーシャルディスタンスが保てる広めの会場を選びましょう。席と席の間を話してゆったり座れるので、意外と寂しい感じにはなりません。
窓がある会場なら換気も十分にできるので安心です。
ガーデンウェディングも人気が上がりそうです。

▶少人数の結婚式で気をつけたいコロナ感染対策7つのポイント

結婚式の内容は変わる?

披露宴の時間については、従来だと2時間~2時間半が一般的でしたが、1時間半程度の短くても内容が濃いプログラムで行う人も増えています。

結婚式のスタイルについては、
・挙式だけ
・少人数で挙式+お食事会
・当日来られない人は、リモートで参加できる
・2部制にして、家族と友人を分ける
など、人数やお二人の希望に合わせたスタイルの幅が広がっています。

今は私たちのやりたい結婚式ができないのでは?と思っている人は、まずは無料で利用できる結婚式紹介サービスに相談してみるのがおすすめです。
思ったよりたくさんの選択肢があることがわかると思います。

演出はどうなる?

余興や、ゲストが密集する演出ができにくいので結婚式寂しくなるのではと思う人もいるかもしれませんが、代わりに、ムービー上映や、ソーシャルディスタンスを保った演出がたくさん考えられています。
この状況ならではの演出が楽しめるとプラスに考えましょう。

配信も検討しよう

当日来られない人のために、生配信結婚式のダイジェストムービーを見てもらうサービスが広がっています。
ライブ配信なら会場のゲストも視聴しているゲストも参加できるゲームなどで、一緒に盛り上がることもできます。

結婚式を晴れやかに迎えるための心構え

結婚式の準備期間は、何かと悩んだり不安になったりストレスがたまりがち。

コロナ禍でも、なるべくストレスをためずに結婚式の準備期間を楽しむためのコツをご紹介します。

結婚式をやる理由をはっきりさせておく

「家族や友達に感謝をしたい」、「結婚の記念を残したい」、「ウェディングドレスを着たい」、「親の希望にこたえたい」など、
結婚式の目的をおふたりの間ではっきりさせておくことで、結婚式の準備中によくある夫婦喧嘩を防げたり、結婚式を延期・中止する選択を迫られたときも前向きな決断ができたりすると思います。

もし、ドレスを着たい・素敵な写真を残したいということであれば、結婚式とは別に前撮りやウェディングフォトを検討してもいいかもしれません。

映画のヒロインのような花嫁姿♡【スタジオルミナス】首都圏・東海・九州

欠席の連絡で落ち込みすぎない

ゲストもお祝いしたい気持ちはあるけれど、それぞれの状況で、気軽に参加ができない人も。
コロナ禍の結婚式では、何人か欠席のお返事が来ることは仕方ないかもしれません。
もし欠席の連絡が来ても、新郎新婦さんは落ち込みすぎないで。
欠席した人もお祝いしたい気持ちを伝えられず心苦しい気持ちだと思うので、結婚式が終わったら、無事に式ができたことをきちんと報告しましょう。きっと喜んでくれるはずです。

延期になる可能性も覚悟しておく

コロナ前と後の結婚式の一番の違いは、感染状況によって新郎新婦が結婚式を決行するかどうか決断する必要があるということ。
万が一の時のために、延期やキャンセルをする可能性があるという覚悟をしておきましょう。

キャンセルや延期はいつまでに判断するかどのくらい料金がかかるのかを結婚式場を選ぶ段階で確認しておくと安心です。

ちなみに、コロナ禍では延期料が無料にする式場が多いので、予定日にできないと判断した先輩カップルの多くは延期を選択しています。
おふたりと家族の間で、延期した場合の候補の時期を話しておくといいでしょう。

準備が楽な結婚式で、気持ちとお金に余裕を

コロナ禍の結婚式では、いかに効率よく楽に準備ができるかも結婚式選びのポイントになります。
結婚式は半年から一年かけて準備をしますが、延期や中止の可能性が消えないなかで、長期間労力を費やすのは大変。準備がストレスになると健康面にも影響を及ぼしかねません。

そうならないために、準備が楽な結婚式場のパッケージプランや、格安結婚式を利用するのがおすすめ。
内容は普通の結婚式と変わらないのに、必要なものがあらかじめそろっているから、ぐんと準備が楽に。無駄な費用もかかりません。
結婚式までの期間も余裕をもって過ごせますし、その後の結婚生活資金のための節約にもなります。

最後に

人生のなかで、結婚式ができるタイミングは限られています。
コロナ禍で結婚式をすることは、今までの結婚式以上に準備に気を遣いますし、悩むこともあると思いますが、おふたりで乗り越えて当日を迎えられたら一生忘れられない結婚式になるはずです。
おふたりに合った結婚式を選んで、素敵な日を迎えてくださいね。

結婚準備に役立つ情報満載のガイドブックを無料でお届け!

格安結婚式のスマ婚では、多彩なサービスラインナップのご紹介や、おふたりのイメージを具体化できる診断チャート、さらに、便利な結婚式準備シート付きです。
結婚式の準備に必要な情報を詰め込んだガイドブックを、無料でお届けいたします。
結婚式を考え始めたら、まずはお手元にお取り寄せください。

スマ婚 Instagram インスタグラム

-結婚式場探し
-,

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2021 AllRights Reserved.