結婚挨拶・報告、顔合わせ

入籍前の一大イベント!「両家顔合わせ」の意味とは?

投稿日:2019年10月30日 更新日:

入籍前の一大イベント「両家顔合わせ」。

すでに家族ぐるみの付き合いがあるカップルは、どうして顔合わせをやるの?と思っている方もいるかもしれません。

顔合わせの意味や、先輩カップルが実際にいつ頃、どこで、いくらぐらいで顔合わせをしているのか紹介していきます。

顔合わせ

両家顔合わせの意味とは?

結納の代わり

昔は婚約の儀式として行われていた「結納」。

「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ」によると、現代は結納をするカップルは減り「両家顔合わせ」のみを行うカップルが大多数を占めています。

結納品や結納金など準備が大変な結納に比べて、顔合わせは準備が楽で内容も自由です。

形式を重んじる家庭ないかぎり、顔合わせだけで十分でしょう。

両家の親睦を深める

家族

顔合わせの最大の目的は、両家の親睦を深めることです。

すでに結婚の了承を得て面識があったとしても、顔合わせといった機会を特別に作り、互いの両親が一堂に会することで、より両家の親睦を深めることができるでしょう。

結婚において、こういったセレモニーは最低限やっておくと、後々のトラブルを防ぐ効果もあります。

■関連記事 結婚前の「両家顔合わせ」は必要?しない場合の対応策

これからの生活、結婚式について話ができる

結婚式

結婚式の前におふたりと両親がそろうのは、基本的に顔合わせの時だけの場合が多いようです。

引っ越しなどこれからの生活や、結婚式について、互いの両親に行き違いや勘違いなどが起きないように、前もって話すいい機会になります。

両家同士ですり合わせておきたいことなど、不安を解決できるいい機会になるでしょう。

両家顔合わせの場所・時期・予算

どこでやるの?

「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ」

 

料亭が41%

レストラン29.9%

ホテル17.5%

という結果になりました。

やはり両親の食事の好みを考えると、和食が人気なようです。

後に紹介する予算を見てみると、ここでいう料亭は高級なお店だけではなく、和食のちょっといいお店も入るのではないかと思われます。

いつやるの?

両家顔合わせは入籍前に行うのが一般的です。

お互いの家族に実際会ってから入籍した方が、お互いに安心ですよね。

一番多いのは、

挙式の6ヶ月前 21.2%

次に

8ヶ月前 14.1% 

平均すると両家顔合わせ時期は「挙式の8か月前」が多いようです。

予算はどのくらい?

両家顔合わせの費用

「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ」

 

一番多いのが5~10万円未満、次に5万円未満という結果になりました。

親以外の家族が出席しない場合、顔合わせの最大人数は6人。

顔合わせに使われるお店の一人当たり1万円~1万5千円が多いので、このような結果となりました。

 

まとめ

両家顔合わせの意味・目的

・結納の代わり

・両家の親睦を深める

・これからの生活や結婚式の話ができる大切な機会

両家顔合わせの場所・時期・予算

・料亭、レストランが多い

・実施式は挙式の6ヶ月前が多い

・予算は5~10万円未満くらいが一般的

 

両家顔合わせは、お互いの家族が親睦を深める大切な機会です。

しっかり準備をして挑んでくださいね!

結婚式に "無駄なお金" をかけたくない!

結婚式の平均費用は約360万円。
でも、格安結婚式のスマ婚なら
平均約200万円!

安さの秘密がわかる「スマ婚カタログ」をもれなく無料でプレゼント!
内訳がわかる【お見積りガイド】付き。

スマ婚パンフレット

 

-結婚挨拶・報告、顔合わせ
-

Click to Hide Advanced Floating Content

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2020 AllRights Reserved.