結婚報告・顔合わせ・結納

親戚への結婚報告はどこまでするべき?報告のタイミングとは

投稿日:

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

結婚式の最新トレンド・お得な情報をお届けしています。
結婚式が最高の思い出になるよう、少しでもお手伝いできたら幸いです♡

結婚するとなると、会社や友人だけではなく親戚にも結婚の報告をしなければなりません。しかし親戚と一言でいっても、その範囲は広いもの。

一般的に、どこまでの親戚に結婚報告をすべきなのでしょうか?報告の方法やタイミングもあわせてご紹介します。

家族

結婚報告をするべき親戚の範囲は?

結婚報告をする親戚の範囲は、祖父母のほかに、結婚式に招待する間柄の親戚までという考えが一般的です。

そのため、基本的には叔父や叔母、従兄弟に対しては結婚報告が必要と考えてよさそうです。また、従兄弟とあまり付き合いがなく疎遠な場合は、叔父や叔母に報告すれば自然と伝わると考えていいでしょう。

報告のタイミングは半年~3ヶ月前くらいが目安

結婚報告のタイミングとしては、
結婚式の半年から3ヶ月前までが目安です。

結婚式場や入籍の大まかな日にちが決まったら報告するといいでしょう。

親戚側も結婚祝いの準備などがあるため、あまりに直前の報告では困らせてしまうことにもなりかねません。余裕を持って報告しましょう。

どうやって報告する?結婚式を挙げる場合と挙げない場合の違いは?

では、実際に結婚報告をするにあたって、具体的にどのような方法で報告すればいいのでしょうか。

結婚式を挙げる場合と挙げない場合に分けてご紹介します。

結婚式を挙げる場合

結婚式

結婚式を挙げる場合、式に招待する親戚には招待状を郵送で招待状を届ける必要があります。

しかし突然招待状を送ってしまうのはマナー的にも好ましくありません。

招待状を送るより先に、結婚の報告をしておくのがベターです。

その時、普段付き合いのない親戚や遠方の親戚の場合は電話での報告でも問題はありませんが、可能であれば直接会いに行って結婚の報告をしましょう。

面と向かって直接伝えるのが、一番礼儀正しく丁寧な方法です。

ただし結婚式に招待しない親戚などに対しては、両親に相談して事後的にハガキなどで結婚を伝えてもいいでしょう。 

昨今はメールでの結婚報告も増えてきましたが、特に年配の親戚などには軽い印象を与えかねないため、親戚へのメール報告は避けておくのが無難です。

結婚式を挙げない場合

「挨拶回り」で報告する

ファミリー

結婚式を挙げない場合は、「挨拶回り」として親戚の家に直接出向き、一軒一軒結婚を報告して回る、という考えもあります。特に年配の方や、親戚同士の結び付きが強い地域ではそういった考え方が強く根付いていることもあるようです。

しかし一方で、挨拶を受ける側が気を遣うことになり、かえって負担になるという考えも。そのため挨拶回りが必要かどうか、まずは両親に相談するといいでしょう。

電話で報告する

女性 電話

挨拶回りが必要なければ、基本的には電話での報告となります。

電話が難しい場合は結婚報告のハガキを送りましょう。

また、入籍の前後に法事や正月などがあり、親族が一同に会する機会があるのなら、その時にまとめて報告するのもよさそうですね。

結婚式を挙げない代わりに、親戚を招いて結婚報告の食事会を開くのもおすすめです。

基本的には両親に相談を

親子

親戚といってもその範囲は広いため、結婚の報告はどこまですればいいのか悩んでしまうものかもしれません。

基本的には、親戚付き合いをしている両親にその判断を委ねるのが正解です。

結婚後も良い親戚付き合いができるよう、しっかり挨拶、報告を済ませておきましょう。

 

結婚式に " 無駄なお金 ” をかけたくない新郎新婦様へ

結婚式って高いですよね・・・
結婚式の平均費用は約360万円!

でも、格安結婚式のスマ婚なら
約200万円で結婚式が叶います!

今なら、おふたりで無料カウンセリングと会場見学に参加すると
『有名テーマパークチケット』
または
『Amazonギフト券(10,000円分)』
がもらえるキャンペーンを実施中!

気軽に応募してプレゼントをゲットしちゃいましょう♪

プレゼントキャンペーンをチェック!

 

 

二次会記事画像

二次会記事画像

-結婚報告・顔合わせ・結納
-,

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.