広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

入籍

婚約と結婚の違いって何?婚約期間にすべき9つのこと

投稿日:2019年7月26日 更新日:

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

結婚式の最新トレンド・お得な情報をお届けしています。
結婚式が最高の思い出になるよう、少しでもお手伝いできたら幸いです♡

婚約と結婚の違いをご存知でしょうか。意外とその違いについて知らないという方も多いようです。実は、素敵な結婚にするためには、婚約期間の準備がとても大切なんです。婚約期間中にはどのような準備をしておけばいいのでしょうか。こちらの記事では、婚約と結婚の違いと婚約期間にすべき9つのことについてご紹介します。

意外と知らない?婚約と結婚の違い

まず始めに、知っておきたい婚約と結婚の違いについて以下にまとめてみました。

婚約

一般的には、プロポーズを承諾した時点で「婚約」が成立すると言われています。しかし、民法では結婚や離婚に関する記述はありますが、婚約に関しての規定はありません。実は、何をしたら婚約が成立するという明確な基準はないのです。

ただし、過去に行われた「婚約」に関する裁判では、お互いが将来夫婦になるという合意があれば「婚約」は成立するといった判決が出たケースもあるようです。そのため、婚約関係の成立有無の判断は、お互いに結婚する意志があるかどうかが重要なポイントであると言えるでしょう。ちなみに、 婚姻と結婚の違いは、婚姻届を提出し法律上「夫婦」であるかどうかという点で異なります。

“婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。”(日本国憲法第24条より引用)

結婚

「結婚」は、婚姻届を役所に提出し法的に「夫婦」として認められている状態のことを言います。また「婚約」とは異なり、法的に以下のような義務が発生します。

▼結婚により発生する義務
・同居してお互いに協力し扶助する義務(民法第752条)
・家事や債務の連帯責任(民法第761条)
・実子の監護義務(民法第820条)
・婚姻費用の分担(民法第760条)
・貞操義務(民法第770条1項)

婚姻と結婚には、法的に夫婦であるかどうか以外にも、さまざまな義務が発生するという点で大きな違いがあります。

婚約期間中にしておくべき9つのこと

プロポーズを受け、二人の結婚に向けての準備が始まります。プロポーズを承諾してから結婚するまでの間のことを婚約期間と一般的に呼びます。そんな婚約期間中には、すべきことがたくさんあるんです。一般的な婚約期間中にしておくべきことをまとめてみました。

1.プロポーズを承諾し、婚約が成立

どちらかがプロポーズを行い、承諾した時点で婚約が成立します。

【関連記事】プロポーズしたい人必見!オススメの場所や女性の理想のスポットとは?

2.婚約指輪を選ぶ

プロポーズ時に男性が用意しているケースも多いようですが、婚約成立後に二人で指輪を選びに行くという方もいます。

【関連記事】彼女に合う婚約指輪って?婚約指輪の基礎知識

3.両家の家族へご挨拶、結婚への承諾を得る

それぞれの家族へ結婚の承諾を得るために挨拶へ向かいます。

一般的には、先に新婦の実家へ挨拶に行き、結婚の承諾を得た後に新郎家族に挨拶に行きます。

【関連記事】第一印象が肝心!相手の両親に結婚挨拶をするときに読みたい記事まとめ

4.両家の顔合わせ

両家の顔合わせは、基本的に双方の自宅から中間地点となる場所で行います。あらかじめ、交通手段なども加味した上で会場設定をしておきましょう。

顔合わせは、結婚の報告以外にも両家の親睦を深めたり、結婚に対する考え方や価値観について話す機会でもあります。会話が弾むような話題をいくつか用意しておくと、和やかな雰囲気で顔合わせを執り行うことができるでしょう。

【関連記事】絶対失敗したくない!両家顔合わせするときに読みたい記事まとめ

5.結婚式場の下見、予約

どんな式にしたいか、どのくらい人を呼びたいかなど、大まかな要望をまとめてから結婚式場の下見に行くと良いでしょう。ブライダルフェアを活用するのもおすすめです。

【関連記事】結婚式場の予約は何ヶ月前がベスト?タイミングと予約の流れ

6.結婚指輪を選ぶ

結婚指輪とは、結婚式当日に新郎新婦が交換しあうものです。結婚式当日の2~3ヶ月前には用意しておくと良いでしょう。

【関連記事】婚約指輪・結婚指輪の買い方選び方マニュアル

7.結婚式準備

結婚式の準備と一口に言っても、すべきことがたくさんあります。

例えば、招待状の発送、衣装や演出の決定、花嫁の手紙や新郎の謝辞の作成、受付や二次会幹事の依頼など……。
さらに、両親の宿泊施設や交通手段の手配なども場合により準備する必要があります。

夫婦でお互いに協力して準備をすすめるのが大切です。

【関連記事】先輩花嫁さん直伝!結婚式準備中のケンカの原因と乗り越える方法

8.職場への報告

特に女性の場合は、結婚を機に退職するのか、続ける場合は産休の予定があるかどうかも含め報告しておく必要があります。

【関連記事】結婚が決まったらまず周りに報告!結婚報告するときに読みたい記事まとめ

9.新婚旅行の手配

チケットや宿泊施設の手配、海外旅行の場合はパスポートの準備など、結婚式同様にしておくべきことがたくさんあります。

ちなみに…婚約期間の平均は12ヶ月

婚約から結婚までの平均的な期間は約12ヶ月と言われているそうです。婚約期間中にすべきことがたくさんあるため、どうしても期間があいてしまうのではないでしょうか。焦る気持ちも出てくるかもしれませんが、幸せな結婚にするために必要なことだと思いましょう。たまには、友達とごはんを食べに行ったり、二人で遠出するなどリフレッシュすることも大切です。

婚約期間を有意義に使い、素敵な結婚にしよう!

婚約期間は、結婚に向けて必要な準備をするだけではありません。これからの長い人生を添い遂げるパートナーとして相応しいかどうか、お互いに見極めるための期間でもあります。結婚に必要な準備に追われがちですが、二人で話し合う時間を定期的に設けることで、絆が強まりスムーズにものごとを進められるでしょう。楽しむ気持ちを大切にしながら、有意義な婚約期間を過ごしてくださいね。

 

結婚式に " 無駄なお金 ” をかけたくない新郎新婦様へ

結婚式って高いですよね・・・
結婚式の平均費用は約360万円!

でも、格安結婚式のスマ婚なら、
約200万円で結婚式が叶います!

スマ婚ではおふたりで無料カウンセリングに参加すると
『有名テーマパークチケット』
または
『Amazonギフト券(10,000円分)』
がもらえるキャンペーンを実施中!

8月31日までなのでお早目に。

気軽に無料カウンセリングに参加して、プレゼントをゲットしちゃいましょう♪

プレゼントキャンペーンをチェック!

-入籍
-,

Copyright© マリアル | ウェディングメディア , 2019 AllRights Reserved.